ブログトップ | ログイン
タイカンズで体幹トレーニング、もう二回目
c0060143_19160881.jpg


先日、新宿御苑前駅の近くにある、タイカンズ(TAIKANZ)っていう体幹トレーニングジムを取材して、体験記事を書いたんですね。そちらは、記事広告として。がっつり書かせていただきまして、その記事は10月16日に公開予定なのですが、そのトレーニング体験がすごく楽しかったので、今回は2度目の体験。

記事公開の順序は逆になっちゃうけど、こちらの記事を先に公開しますね。


▼体重預けてバランス取りながらグイグイと。
体重預けてバランス取りながらグイグイと。 #タイカンズ #TAIKANZ #体幹トレーニング


▼今日も良い感じで最後テンションMAXのトレーニングでした。
今日も良い感じで最後テンションMAXのトレーニングでした。 #タイカンズ #TAIKANZ #体幹トレーニング


▼10月のエクササイズ。前回と違う動きもいろいろと。
10月のエクササイズ。前回と違う動きもいろいろと。 #タイカンズ #TAIKANZ #体幹トレーニング


▼翌日、身体があちこち筋肉痛。目覚めた、体幹。
昨日、ここに行ったので今日は身体があちこち筋肉痛。目覚めた、体幹。



コアビティっていう、1時間の体幹トレーニング。腹式呼吸を意識しながら、身体を動かしていきます。筋力を
天井からぶら下がってる取っ手付きの紐を使った動きとか、筒状のツールを使っての運動とかを一通りやったあと、最後にその日覚えた運動を、アップテンポの音楽とともにテンションマックス状態で一気にやるのが、かなり良い運動になるし楽しい。最後に、ハイファイブとかね。

胸に心拍計をつけてトレーニングするのですが、最後にその日の計測値を確認できます。僕は、二回目で慣れたせいか、消費カロリーが多少減ってた。慣れてくると、トレーニング中の運動消費カロリーは少なくなるんだけど、身体ができてくるので、生活消費カロリーが高くなってくる。つまり、きちんと身体を鍛えれば、日常的にカロリーを消費しやすい身体がつくれるというわけ。

なんていう聞きかじりのうんちくを語りつつ。今回はこんなトレーニングでした。

【COREVITY】

60分の体幹トレーニングプログラム。トレーナーと一緒に、みんなで身体を動かします。

Pillafect:ツールを利用せず、瞬発力や筋力を身に付ける行う体幹トレーニング。ブレのない支柱(Pillar)をつくる。
TRX:天井からぶら下がったハンドル付きの紐、TRXというツールを利用したSuspension Trainingのエクササイズ。
ViPR:筒型のViPR(バイパー)というツールを使ったトレーニング。いろいろな重さやサイズのものがあります。

■Presentation
コアビティについての説明や、目的、効果などを説明。

■Movement&Core
腹筋や背中、腰など、全身の筋肉トレーニングとストレッチ

■Preparation
Pillafect、TRX、ViPRの基本動作を行います。

■Excercise 1
TRX→ロウ・ハイロウ アームカール
ViPR→フリップ
Pillafect→クリスクロス

■Excercise 2
TRX→スプリンタースタート
ViPR→シャべリング
Pillafect→バーピー

■Circuit
Excercise 1と2の動きを通しで、音楽を聴きながらテンションマックスでチャレンジ。自分のペースで。

■Cool Down
呼吸を落ちつけつつ、ストレッチ。


といった感じ。

さて、マスターズ陸上競技会の本番まで、あと一週間。
走るだけのトレーニングだけでなく、こんな感じで普段使わないような筋肉も鍛えられるのは良いですね。

ストレス解消にもなるし、運動して、シャワー浴びて、すっきりして家に帰れます。

会社帰りの19時半の回に参加しましたが、約10名くらいが参加。うち、女性が大半で、男性は僕ともう一人くらい。トレーナーさんは男性。前回もそうでしたが、思った以上に女性がたくさん参加してました。時間帯にもよるのかな?

陸上の大会が終わったら、また立ち寄ってみようかな。

by t0maki | 2015-10-10 18:56 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)

<< ベトナムから帰った翌日、浅草へ     羽田クロノゲートは日本の物流の... >>
Back to Top