ブログトップ | ログイン
ある夏の日
 朝からぶっ続けで同時進行の仕事を何本も片付けてたら、とうとう脳みそがガチガチに固まってしまった。頭を振ると、ゴツゴツ音がする。「こりゃいかん」と、接続端子を引き抜き、ちょっと息抜きに外に出ることにした。
 
 オフィスビルを出た瞬間、「どっひゃぁー」と暑い。
 日差しがモロに突き刺さり、肌がチリチリする。
 「もあっ」とした空気を振り切るように、坂道を一気に駆け上がると、じわっと汗が出てきた。
 
 夏ですねぇ。
 僕の好きな季節です。
 なんか意味もなく、わくわくしてきます。
「よし、冒険するぞ」と、通ったことのない裏路地を強引に突き進んでみましたが、すぐに知っている通りに出てしまったので、ちょっとがっかりでした。 
 財布を持ってなかったので、コンビニでミルクティーとスティックチョコを買い、ケータイで支払いました。
「このまま夏が終わらないでいて欲しいなぁ」と思いながら、僕は溶けかけたチョコレートを食べ、冷たくて甘いミルクティーを飲みました。

by t0maki | 2005-08-05 17:45 | アート>もの書き | Comments(0)

<< レイヤースタイルで、ウェブ用素材作り     待画倶楽部サーバー完全移行と広告整理 >>
Back to Top