ブログトップ | ログイン
この半年間、書くことが好きだからずっと書いてきました
半年以上続けていた執筆のお仕事が終了になって、ちょっと寂しい気分です。
今年の2月にクリエイティブワークショップに参加するために、思いつく限りの方法で参加費を貯めていたときに、たまたま巡りあった記事執筆の案件。WEBメディアへ、アートやカルチャーに関するキュレーション記事を提供していました。
ネタを提供してもらったり、書きあがったものを丁寧に確認してくれたり、こういう風に担当の方がサポートしてくれるってのは良い経験でした。ひとりで書いているだけだったら知ることがなかったかもしれないようなテーマやトピックを調べて、記事にすることができたのはとびきり面白い作業でした。

ワークショップ参加費分の資金を調達完了した後も、引き続きずっと書いて納品してたのは、お金のためというより、そういうやりとりが楽しかったから。

おかげさまで、最近は自分のブログ以外の媒体にも、記事を書いて提供する機会も増えてきました。ひとりでコツコツ書き続けるのも良いですけど、編集者さんと一緒に記事を作り上げる体験ってのもまた良いものですね。編集者さんって「すげぇな」って思う。ネタの引き出しとか、言語感覚とか、いろいろな方とやりとりするといつも刺激をいただいて勉強になります。

引き続き、自分のブログもどんどんわらわら更新しつつ、時にはきちんとした骨太の記事なり作品なりを提供できるようにしたいな、と。

by t0maki | 2015-06-24 20:28 | アート>もの書き | Comments(0)

<< 雨降る夜の防水スマホとGPSナビ     なりゆきといきがかりの宣伝大使... >>
Back to Top