ブログトップ | ログイン
落語のリズム #シェアする落語
c0060143_10383417.jpg

落語と音楽は似ているんだな。演奏する人や楽器によって音色が違う。会場や、お客さんによっても演奏が変わる。落語のその場所で生まれる一体感って、音楽ライブのそれとおんなじ。

今回で9回目の開催。四家さん主宰の『シェア落語』を見てきました。
今回の噺家さんは、立川談吉さん。

このめくりをめくってるのが四家さんです。
このめくり、手作りなんだぜ。 #落語 #シェアする落語


「シェアする落語」に参加するのは、もう5回目。落語を会場のみんなと共に楽しみつつ、写真撮影OKのシェアタイムでは、ソーシャルメディアやブログなどにもシェアできるっていう趣向。
トークコーナー。懇親会で、四家さんの『野ざらし』が聞けるらしい。 #落語 #シェアする落語


というわけで、本日のシェアする落語は立川談吉さんでした。 #シェアする落語


本日のラインナップはこんな感じ。 #シェアする落語


さて、冒頭の音楽の話に戻って、落語も演奏と同じく、噺家さんや会場の調子によって同じストーリーでも全然違ってくる、と。十八番的な『野ざらし』とか『仏』とか、本当にスルスル流れるようなリズムの落語で、すごく面白かった。
で、3つ目の『かぼちゃや(トーナス)』の話は、どちらかと言うといささかマイナーなB面の曲みたいな感じで、耳慣れないというか、歌いなれない感じで、時々リズムが崩れる。ただね、そういう言い間違いとか、流れがフワッとなったところに人間臭さというか、ライブ感が生まれて面白かった。完成して熟成しきった芸も良いですが、作り込んでいく過程を見られる演目も見ていて記憶に残ります。

懇親会で伺ったところ、この3つ目のトーナスは、人前でやるのはまだ3回目とのこと。前日の夜に、話を思い出すために歩きながら頭の中でストーリーをなぞってみたらしいですよ。話ながら思い出すっていう。話のレパートリーが70以上もあるって、すげーな、と。

次回はいよいよシェアする落語10回目の開催。それまでに、寄席にも行ってみたいな。

今回も懇親会も含めて楽しかったです。ありがとうございました!

by t0maki | 2015-05-09 16:56 | イベント・スポット | Comments(0)

<< ランニング日和     FabLab鎌倉巡礼の小旅行 >>
Back to Top