ブログトップ | ログイン
4月1日なので、エイプリルフールネタ
c0060143_11163656.jpg

いよいよ今週末、試験本番。
二級小型船舶操縦士の国家試験って言うと、なんだか仰々しく聞こえるけど(というか仰々しいものなのだけど)、ようやくチャンスが得られて良かった。ホントは、去年一度諦めてたんです。でも、意外なきっかけとご縁で、今回改めてチャレンジできることになりました。良かった、良かった。

そもそもきっかけは、去年参加したヤマハ発動機さんの体験イベントで浜名湖行ったとき。時速80キロの水上バイクから落っこちて指の骨が欠け(全治六ヶ月)たんだけど、そのあと普通にウェイクボードとかやって、すげー楽しかった。
そのイベントの帰りに神田の万世橋に立ち寄って、いつかこの江戸川をボートで通りたいなー、って。

その夢に、一歩近づいた感じです。

いったん諦めた船舶免許を再チャレンジしようと思ったきっかけは大きく2つあって、ひとつは浜名湖でご一緒したヤマハ発動機のご担当者さんに、アンバサダーサミットで再会したこと。相談したら、免許取りなよーって、後押ししていただきました。
あともう一つは、2月に参加したクリエイティブワークショップもきっかけのひとつ。10日間で創造性の限界まで挑戦する、あのロンドンのクリエイティブ集団「Tomato」の創業者たちが講師を務め、全編英語のワークショップ。しかも、会場が僕のお気に入りの目黒のシェア工房「メイカーズベース」とあっては参加せずにはいられない。30万円(正確には、早期申し込みで10%割引の27万円)の参加費はさすがにハードル高かったですが、年末からひたすら落穂拾いみたいな感じで執筆や翻訳の仕事を受注しまくって、アート作品を販売したお金や、スマホ解約して浮いたお金や、もうアフィリエイトや広告やネットオークションやらできることなんでもやってお金をかき集めて、なんとか貯める目処がたち、参加することができました。(実際には、まだ振り込み待ちだったりのもあるんだけど)

で、そのクリエイティブワークショップに参加して、20名定員なのに4人しか集まらなくて、参加者にとっては講師との距離がエライ近くて、夢のようなワークショップでした。

でね、捨て身でチャレンジしたら、なんとかできたことで、「この勢いで船舶免許も」ってなったワケです。

いろんなとこに飛び込むのが好きなのです。限りある人生だから、たくさん体験した方が面白いかな、と。

昨年は、40歳の節目に「マスターズ陸上」に参加して、100mと400mを走った。
マリンスポーツ初体験もそうだし、ランニングも5km、10kmと、大会で走る距離がちょっとずつ増えていってる。こないだ、バブルサッカーに参加して、吹っ飛ばされて今度は左手親指を負傷したけど、めちゃめちゃ面白かった。

仕事も、昨年末から客先常駐の形でベンダーとしてGoogleに勤務して、広告賞のカンヌライオンは空振りしたけど、エコーアワードを受賞するのを手伝ったり、スペシャルサイトとeDM立ち上げのプロジェクトに参加した後、今はメールの他言語化の英文翻訳チェックをやったり、韓国語やタイ語、ベトナム語や各種中国語などを各国の担当者に確認して、戻ってきた修正なんかをやる作業をしています。というわけで、今は六本木ヒルズの森タワービルが勤務先。

なんか、ウソみたいでしょ。
そういえば、今日は何の日か知ってる?そう、エイプリルフール。だから、さっきベトナム語って書いたけど、実はそこインドネシア語なのです。ウソでしたー。

というわけで、ウソはその一箇所だけ。
あとは全部ホント。

by t0maki | 2015-04-01 09:01 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< 【iWire】 台所用洗剤「M...     矢大臣うどんをドドンと一箱いた... >>
Back to Top