ブログトップ | ログイン
「すむすむアンバサダーミーティング」でアンバサダーについて語ってきた
c0060143_1461333.jpg

エピソード、ともちょっと違うんだよなー。もっと、心に「グッ」と迫るようなストーリー。表面的な商品やサービスの宣伝文句じゃなく、開発者の思いだったり、背負ってるものであったり、そこに至るまでの経緯だったり。
そういうストーリーを共有することで、作り手とユーザーが一体となって、ブランドなりサービスなりを盛り上げていくことができる、と。

パナソニック 汐留ビルで開催された、「すむすむアンバサダーミーティング」に参加してきました。座談会の参加者を囲むように、パナソニック社の方々や、編集や運営に携わる関係者の方々が大勢お集まりで、「すむすむ」への本気度が伝わってきましたよ。

ざっくばらんに雑談形式で、僕は「アンバサダーマーケティング」について日頃感じてることや、考えてることなどをいろいろ話してきました。

アンバサダーに限らず、ソーシャルメディアを使ったPRに大事なのは、紙媒体やマスメディアとは違う背景や文化がそこにあることを理解しつつ、対話と傾聴といったコミュニケーションをとっていくということ。ソーシャルメディアは、一方的にカタログ情報を流したり告知宣伝だけをする場所じゃない。
「語るべきことがあるか」ということ。伝えたいことはなんなのか。もっと言うと、やっぱりストーリーをきちんと伝えるのが大切だと思うのです。表層的な情報だけでなく、根っこの部分をさらけ出して、伝えること。そういうのに触れると、心を動かされるし、応援したくなる。
ただ「アンバサダー」ってつければいいわけじゃない。

「すむすむ」という住まいをテーマにしたコンテンツサービスは女性が主なターゲットで、前回のイベント参加者も8割〜9割方が女性だったりもしたので、オレみたいなオッサンの意見がどれほど役に立つか分からんですが、とりあえずアンバサダーマーケティングについて日頃感じてることや、考えたことなどをいろいろと。

それにしても、こういうところに参加してみて改めて思うのは、結構同じアンテナなり趣味嗜好を持ってる方に遭遇する率が高いよなぁ、と。今回出会った方は、なんとカナダ旅行つながり。カナダ大使館で開催された、カナダ観光局主催のイベントにも参加されてて、今まで知り合いじゃなかったのが不思議なくらい。旅が好きっていうのも共通してて、嬉しくなる。
しかも、帰りがけに知って驚いたのは、そこに集まった3人全員が、明日開催される別のアンバサダーイベントにも参加するって分かって、「え、マジそれホント?」みたいな。「じゃ、またあしたー」って解散して、面白いったらありゃしない。

こういう出会いの場ができて、ブランドやサービスをきっかけにしていろいろ世界が広がっていくのも、アンバサダーマーケティングの面白いところだと思います。

そんなこんなで有意義な時間を過ごした後は、会社に戻って一仕事。前述のとおり、明日もイベントなのでね。

すむすむ

パナソニックの住まい・くらし方情報「すむすむ」

by t0maki | 2015-03-26 00:33 | アンバサダー | Comments(2)
Commented by しゅー at 2015-03-28 00:24 x
こんばんは。先日(一昨日)はすむすむにてお話しができ、お世話になりました。
早速すむすむアンバサダーについて書かれた記事を拝読いたしました。
おっしゃっていたように、ストーリーのあるモノ・コト、参加してる方々のコミュニケーション、、、各所で開催されているブロガー向けのイベントですが、これらの有無で有益度に相違が出るなぁ・・・・・と今更ながら感じました。
昨日のいアンバサダーミーティングには急用で参加できませんでしたが、きっとまたお会いする機会があると思います。
今後もどうぞよろしくお願いします。
Commented by t0maki at 2015-03-31 10:06
しゅーさん、
お疲れ様でしたー。
もうひとつの方のイベントは、参加できなかったんですね。残念。
なかなか面白かったですよー。実験コーナーがあったり。
今後もぜひ、宜しくお願いします!

<< 『Urban Treehous...     90 minutes is a... >>
Back to Top