ブログトップ | ログイン
TOMATO創設者のワークショップに申し込んで、今からもうワクワクがとまらない
c0060143_1858349.png

寸止めギリギリのこの神業的コントロール。
銀行口座が引き落とし不能になる直前に手持ちの現金を振り込んだが、これで足りるだろうか?

2月のワークショップに参加するためには、1月末の時点で30万円が必要なのだが、仕掛り、見込み、アマゾンポイント、QUOカード、つもり貯金、取らぬ狸の皮算用などモリモリに盛ったら、なんとか3分の2まではいけそうなので申し込みを進める方向で。
早割りで10%安くなる。パスモを返却してデポジットをもらって、毎月の小遣いもひたすら貯めて、DVDをオークションで売って、docomo解約して、ようやく数字の上では達成予想率76.98%まで行った。

けど、まだ足りない……。

まだ参加できるかも分からない英語のプレゼン大会の報酬まで計上しているというのに。

久しぶりに、心底やりたいと思えることに出会えた。
もちろん、嫁にも伝えたけれど、船舶免許のときと同じくあっさり却下された。

こうなったら、自分で何とかするしかない。
臓器を売る……まではさすがにできないけど、血液くらいだったら余裕で売るよ。

毎月の小遣いさえ足りてないこの状態で、どうやって30万をひねり出すか。
それを考えるのも楽しくて仕方ない。

TOMATO創設者のワークショップがMakers' Baseで開催される。
とりあえず、参加申し込みはしておいた。
これから参加費の問題をクリアして、休暇やその他諸々の諸事情はその後で悩むことにする。

人生のターニングポイントになるような予感がする。そのワークショップの講師陣もすごいけど、僕が興味があるのは、そこに集まってくる人たち。そして、そういう人たちに混じって、俺はなにができるだろうか、と。

今からもう、ワクワクしっぱなし。


Esin
http://projectesin.com/
TOKYO WORKSHOP #01
2015年2月16-27日

by t0maki | 2014-12-26 19:00 | アート | Comments(0)

<< ARROWS NX F-02G...     「ケータイ会議F-02G」ベス... >>
Back to Top