ブログトップ | ログイン
「555 Cube Etude (555キューブ・エチュード)」の作品紹介
c0060143_1293546.jpg

「555 Cube Etude (555キューブ・エチュード)」っていうイベントに参加したって前回記事を書きましたが、あらためてもうちょい詳しく書いておこうかと。

5cmの立法体をテーマに、素材や表現方法もなんでもありのコンテスト兼飲み会パーティです。会場は、会員制ものづくり工房の「Makers' Base」。デジタルアナログ大型小型含めて工作機械やツールが山ほどあって、ほんと、ものづくりの理想郷みたいな場所です。

夏くらいからここにお世話になってるんですが、こういうイベントに参加したのは今回初めて。イベント名にもなってる「エチュード」っていうのは、習作とか下絵とかいう意味なので、みんなもっとゆるい感じの作品を持ってくるのかなと思ったらとんでもない。度肝を抜くようなごっつい作品が次々登場して、圧倒されっぱなしでした。

一人ずつ順番に、20人くらいで発表したのですが、一番最初にプレゼンしといて良かったー、と。他の人の作品見た後で、僕の作品なんて恥ずかしくて出せないですわ。

ちなみに、僕のはピンホール(針穴)カメラの試作品。
学生時代に写真のクラスを受講したのをきっかけに、自宅のバスルームを暗室にして写真やフィルムを現像したり、かなり写真にはまった時期があったのですね。で、その流れで自分でピンホールカメラをつくって、いろいろ写真を撮ってみたり。35mmフィルムのケースに穴を開けただけのカメラでロサンゼルスを撮影した作品が、なぜかニューヨークとロンドンの出版社の写真集に載ったりもしました。
で、今回はひさしぶりにピンホールカメラをつくってみようかな、と、レーザーカッターを駆使して木の板にカメラのデザインを入れたり穴を開けたりして、さらに側面を蛇腹の紙で覆ってそれらしくしてみました。ただ、残念ながらこの状態ではまだ実際には撮影できません。光が漏れないようにして、しっかり撮影の穴も小さくすれば、中に印画紙を入れて撮れるようにはなります。
「ま、習作だから」と思ってそのまま出してみたのですが、他の参加者さんたちの作品がまぁすごいこと。

c0060143_129532.jpg



既に、次の開催は決まっているようで、それに向けて僕も大人の本気の工作にチャレンジしてみようかな、と。2ヵ月後、楽しみです。


555 Cube Etude (555キューブ・エチュード)
http://makers-base.com/blog/3219/

by t0maki | 2014-12-10 17:29 | アート | Comments(0)

<< 二酸化塩素分子の力で除菌するク...     ARROWS NX F-02G... >>
Back to Top