ブログトップ | ログイン
Makers' Baseで講習三昧、一気に三講座
c0060143_945826.jpg

Matrixで、主人公のネオが脳を直接機会につなげて、格闘技データを頭ん中にダウンロードした後、「I know Kung Foo」って言うシーンあるでしょ。ちょっとだけ、あんな感覚。

Makers' Baseに月額会員登録して、機器のトレーニングを受けてきました。今回受講したのは、立体物をスキャンしてデータ化できる3Dスキャナー、3Dオブジェクトをペンツールで直感的に加工ができるクレイツール、そして、陶芸の初級トレーニングです。

▼3Dスキャナー
c0060143_945568.jpg

▼クレイツール
c0060143_945784.jpg

▼陶芸初級
c0060143_945796.jpg

どれもすごく面白かった。特に、陶芸は大学で専攻していたので、久しぶりに粘土に触れてすごく幸せ。

クレイツールもなかなか。このペン、パソコン上の3Dオブジェクトに、ちゃんと触れている感覚があるのですよ。削ってる時も感覚がある。これは面白いです。あと、複数のデータをつなげる時の、マーカーの重要性がよく理解できました。

そしてもうひとつの3Dスキャナーは、立体を計測して、3Dデータに変換して取り込む事ができるというもの。設定にもよると思うけど、生き写しみたいな精密さではなく、なんとなくもやっとその形になってる程度。多分、練習して行くうちにうまくなってくかな、多少は。

スキャンデータをクレーツールでリタッチっていうのが、正しい使い方なんでしょうね。
ちなみに、クレーツールで球体のうえにペンで顔を描いて見ました。
c0060143_945954.jpg

c0060143_95026.jpg


いやー、これは面白い。.stlデータに出力して、切削加工機でかたちにするのもおもしろいかも。作る幅が、また広がりました。

陶芸は全3シリーズの講習なので、あと、轆轤と釉がけを学ぶ予定。こちらも楽しみ。やりたいこと、つくりたいもの、学びたいスキルやツールがたくさんあって、ここはもうホント、夢のような場所ですよ。

by t0maki | 2014-08-24 21:56 | アート | Comments(0)

<< 【PR】 IKEA+催眠術+タ...     エプソンの水族館に行って、触れ... >>
Back to Top