ブログトップ | ログイン
ちょっとブラジルのリンゴかじりにいってくる
c0060143_208493.jpg

6月28日(土)にリンゴをかじりに行ってきます。
公益財団法人国際文化フォーラム(TJF)のイベント、なんか面白そうだなぁと思って。リンゴっていっても果物の方ではなく「隣語(りんご)」っていう造語、隣の国の言葉ということで、外国語っていう意味らしいです。

ワールドカップ ブラジル大会も開幕したということで、今回はブラジルの公用語「ポルトガル語」がテーマ。写真家の永武ひかるさんが講師で、ブラジルの魅力を写真で紹介したり、ブラジルのお菓子や飲み物を囲んでおしゃべりしたり、というイベントです。

日本からブラジルって、隣というよりは地球の反対側っていうイメージですが、僕はたまたま学生時代にスペイン語をやってたこともあって、まぁまぁちょっとはポルトガル語の単語の一部のカケラくらいは理解きます。基本的に、ポルトガル語とスペイン語って、日本語でいうところの標準語と大阪弁くらいの違いしかないんだって。
そういう意味では、ブラジルの言葉も「リンゴ」かなぁ、と。

イベント、楽しみです。

by t0maki | 2014-06-17 20:08 | Comments(0)

<< 目玉が浮かぶ「暗黒カクテル」飲...     800円の指さし会話帳が100... >>
Back to Top