ブログトップ | ログイン
スキャナになるデスクライト SnapLite(スナップライト)のデモをみてたらワクワクしてきた
c0060143_21124293.jpg

PFUさんのブロガー向け新製品発表会に参加してきました。ドキュメントスキャナ「ScanSnap」で有名なメーカーさん、僕もS1500を持ってます。

今回、どんな製品かというと、なんとデスクライト。でも、それだけじゃない。iPhoneを載せるとスキャナーになるという。なんとなんと。
c0060143_21124176.jpg

SnapLite(スナップライト)っていう製品は、見た目は普通におしゃれなデスクライトなのですが、BluetoothでiPhoneと連携してちょこんとスタンドの上に載せると、スキャナーとしてiPhoneに画像が取り込めるという。本体のボタンをポチッと押すだけ。
ただ写真を撮るだけじゃなくて、アプリできちんと台形補正とか、トリミングなんかもしてくれる。基本的にA4サイズのエリアに置いたものは何でも撮影できるのですが、合成することによってA3サイズのものも撮影可能。撮影するときは、テーブルの表面にレーザー照射で、A4サイズの赤いガイドラインが写し出されるのも便利。でもってびっくりしたのは、撮影エリアにばらばらと名刺を置いて撮影すると、個別にトリミングして取り込んでくれるという。伺ったところ、最大8枚まではいけるらしい。
ただ、テーブルに木目とか柄が入ってると認識しづらいので、無地のテーブルか、何かテーブルクロス的なものを敷くと認識しやすいみたい。ここらへんは、短時間のデモだったので実際に個人で使ってみないと詳しくは分からないですが。

デザインの業務に使えるかっていうと、iPhoneの画質解像度的にちょっと厳しいかもしれないですが、普段使いの記録やちょっとしたものづくりとかなら、もうほんとこれ十分すぎると思います。

見てて、ワクワクするような製品でした。
自分だったら、何に使うかなぁ、とか。
手書きのラクガキやちょっとした立体物なんかも取り込めるのは良いですね。普通のスキャナでは取り込みづらいものでも簡単に撮影して取り込めます。iPhoneで直接撮ろうとしても手振れしたり、台形にゆがんだり、後から加工が難しかったりもしますが、これだったらある程度は自動でやってくれます。

もちろん、撮影後に手動でトリミングを調整したり、デフォルトで設定されている台形補正なんかをオフにしたり、なんなら調光を白色から暖色、あるいは消灯して撮影も設定でできるみたい。

仕組みがシンプルなだけに、いろいろ工夫して遊べそうな気がします。

iPhoneの急速充電ができたり、アプリからライトのオン/オフや光量の調整ができるなんてのも結構ポイント高いです。

と、褒め倒しておきますが、ライトソースが一つしかないということで、立体を撮るときには予備のライトとか、自然光とうまく組み合わせるなんて工夫が必要かも。ライトが一つだと、いらない影がはいっちゃったりするから。そこらへんは、使う人の工夫次第でどうにでもなりますけどね。なんなら、これを2台買っても良いわけだし???まぁでも、そもそもiPhoneの解像度以上の性能は出ないわけで、やっぱり手軽にさくっと普段使いってことですかね。

と、思いつくまま書き倒してみましたが、こんな感じで伝わるでしょうか?
値段も手ごろですし、これは良いと思います。

PFU DIRECTのオンラインストアで5月28日から発売されるほか、一部のAppBank Storeなどで店頭販売されるようです。
詳しくは、ホームページへ、と。

SnapLite(スナップライト)
snaplite.jp


SnapLite PD-SL01

by t0maki | 2014-05-21 21:40 | ブロガーイベント | Comments(0)

<< 今日の壁紙、iPhoneで画像...     時々まだ自分がホワイトホースに... >>
Back to Top