ブログトップ | ログイン
震災から3年、あらためて思い出すこと
c0060143_20234791.png

3年前の今日、僕は神田須田町にあるオフィスビルの10階で仕事中、東日本大震災を経験しました。
激しい横揺れでPCモニターが倒れ、窓から見える高層ビル建設用のクレーンがグラグラ揺れて、しばらくするとコンビナートが炎上しているのが遠くに見えました。まさに、映画や夢の中の世界が現実になって目の前で起きている感覚。都内の交通機関が麻痺して、都心から徒歩で帰宅する人に混じって歩きながら、エライことが起きてるんだなぁ、と実感しました。

あれから3年。

こうして都心で暮らしていると、震災について思い出すことも少なくなっていたり。
僕も妻も東北にゆかりのある家系なので、それなりに震災復興については興味を持っているし、去年の夏は家族で石巻を訪れて津波の爪あとがまだ残っている現場を見たり、今年になってからも東北復興支援のイベントに参加したりなど、他にもいろいろ自分なりにあの未曾有の災害を意識する機会はあるのですが、3年という年月は全ての記憶と体験を過去に押し流そうとしているような。

というわけで、今年も3月11日にgenkitweetsを読みました。東日本大震災後、ツイッターに集まった元気がでるつぶやきを100個集めたもの。

確かに、こういう出来事があったんだな、と。
人間って、こんなにも優しくいたわり合うことができるんだな、って。

読んでるとホント、時々涙が出そうになる。
あの日のことを思い出しました。


genkitweets.com がんがれ日本!
http://genkitweets.com/

by t0maki | 2014-03-11 21:37 | Comments(0)

<< 【備忘録】出勤管理の在社時間を...     ドコモEye-Fiカードが付録... >>
Back to Top