ブログトップ | ログイン
写真が水彩画になるのを見てるの楽しい
c0060143_2046161.jpg

最近、Waterlogueってアプリを使って、写真を水彩画風に加工して遊んでます。面白いね、このアプリ。

画像加工の仕上がりもいいけど、加工の過程がホントに絵の具で塗られていくみたいで、見てると楽しい。写真のアウトラインと色を読み取って、下絵の後に、薄い色から濃い色まで順番に塗られていく感じ。「Wetting brushes...」とか言って、わざわざ画像加工中に「筆を絵の具に浸してます」っていうようなメッセージが出てくるのも面白い。

これ見てたら、なんだか僕も水彩画を久しぶりに描きたくなりました。

写真を見ながら水彩画を描くより、多分このアプリで加工した画像を見ながら描いた方が簡単に描けますね。水彩画のトレーニング教材としてもなかなか良いかも。

まぁでも、ただ写真を忠実に再現しただけの水彩画は、つまらないけどね。作品としては、もっと自由にのびのび描いて良いと思う。忠実に描くのだけがアートではないから。

なんにしても、見てるだけで楽しいアプリです。

by t0maki | 2014-01-30 20:45 | Comments(0)

<< ラーメンは日本のソウルフード     夢の中で夢を夢だと気づくコツ >>
Back to Top