ブログトップ | ログイン
大阪と東京、どん兵衛食べ比べ
c0060143_15323710.jpg
大阪駅のお土産屋さんに「どん兵衛」が売られてて、一見何の変哲もないカップそばがなんで売られてんのか分からなかったですが、どうも東京と大阪とで味が違うらしいですね。パッケージをよーく見ると、大阪のは(W)っていう表記があって、東京は(E)になってる。「West」と「East」の頭文字ですね。
c0060143_15323730.png
で、実際につくって、食べ比べしてみました。
まず、スープの色が違います。
c0060143_15323730.jpg
右が大阪、左が東京。大阪の方が汁の色が薄い。京風のお出し、ですかね。なんだかちょっとすっきりとした味わいなのは、普段東京の方に慣れているからかな。
なんか、不思議です。比べてみると、大分味が違います。

関西から東京に出てきた人って、カップ麺どうしてるんだろ?わざわざ大阪から取り寄せるのかな?それとも、ご当地ショップとかで売ってるんだろうか?ネットショップでカップそばを注文すると、どちらが届くのだろう?そもそも、関西バージョンが販売されているエリアって、どこからどこらへんなのだろう?

とか、いろいろ謎が沸いてきます。

どん兵衛、奥が深い。


by t0maki | 2014-01-13 15:41 | Comments(2)
Commented by 佐々木義明 at 2017-02-20 20:43 x
『どん兵衛』は鰹だしの関東版が圧倒的に販売されていますが、大阪府のアンテナショップ『大阪百貨店』で有りましたら昆布だしの関西版が販売されています。
このアンテナショップでは蓬莱の『豚まん』など大阪府の特産品などが販売され、私ども都民だけでなく、関西出身者たちにも人気が有ります。
楽天とヤフーの通販でも『どん兵衛東』と『どん兵衛西』の何れかを扱っている店舗が有り、東西両方の食べ比べにも便利です。
Commented by t0maki at 2017-03-09 14:04
大阪百貨店にも売ってるんですね。
ネット通販で手に入れるという方法も!なるほど。

<< 絵を描くのってもっと自由な事だ...     ベンガル料理レストラン >>
Back to Top