ブログトップ | ログイン
走る人にお勧めしたい映画と本
昨年、走り始めたのですよ。走るイベントに参加したってのが直接のきっかけですが、それ以前に海外出張から帰って体調崩したりして、そろそろなんとかしないと、と思ってたので、突然思い立って走ることを生活の中に取り込んでみた、と。
走りながらなんとなく『フォレスト・ガンプ』が頭に浮かんできて、あんな風に大自然の中をひたすら走れたら素敵だろうなぁ、って。

というわけで、「走る」をキーワードにした映画や本の紹介。

『フォレスト・ガンプ』

冒頭にも書きましたが、このフォレスト・ガンプがアメリカを横断しながらひたすら走るシーン、すごく印象的。この映画自体もすごく好きで、今までに何度も見ています。


フォレスト・ガンプ [DVD]


『ロッキー』

もうホント、久しぶりに運動を再開したので、気分は『ロッキー』ですよ。実感として、まったく走れなかったのが徐々に走れるようになる過程は、この映画のトレーニングシーンとシンクロしました。


ロッキー(特別編) [DVD]


『ラン・ローラ・ラン』

この映画は、とりあえずタイトルと映像のインパクトで選んじゃいました。ジョギングの走りとはちょっと違いますが、走ると言ったらこの映画、みたいな。


ラン・ローラ・ラン [DVD]


『走ることについて語るときに僕の語ること』

この本を買ったのは、実は走る前。しばらく積読になってたのですが、走るようになってから改めて読みました。読んでると、むずむず走りたくなってくる村上春樹さんのエッセイ本。


走ることについて語るときに僕の語ること


とりあえず、思いつくのはこんなところですかね。
走っている人、もしくはこれから走ろうとしている人、走るのが好きな人にお勧めの作品です。

by t0maki | 2014-01-11 20:26 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)

<< 【書評】『バカが全裸でやってくる』     【ある日のツイート】『集団桃太郎』 >>
Back to Top