ブログトップ | ログイン
虫歯が痛くて切腹?千住の歯神様
c0060143_15285975.jpg

自宅の近くに「日枝神社」ってこじんまりとした神社があります。入口は鉄柵に鍵がかかっていて中には入れないのですが、その神社の立て看板がなんとも衝撃的で。なんでも、山王清兵衛っていうお侍さんが「虫歯の痛みに耐えかねてこの地で切腹」したそうで、歯痛に悩む人々が祈願しにくる、「千住の歯神」として有名、と。
c0060143_152936.jpg

「歯痛」と「切腹」を天秤にかけて、虫歯で歯が痛いより切腹で死ぬ方を選ぶってどういうこと?って思いますよね。

僕も最近、歯医者に通っています。虫歯が神経まで達してシクシクズキズキガンガン痛むとご飯も食べられなくなりますし、なんとも暗く絶望的な気分になるのは分かりますが、でもだからと言って切腹は無いよなぁ、と。だって、腹を切る方が痛そうでしょ?

っつうわけで、もうちょい調べてみたら、この清兵衛さんってのは、ちょうど参勤交代でこの付近を通りかかって、歯が痛くて大名行列について行けなくなって、そのお詫びとして切腹した、と。なので、歯痛が我慢できなくて腹を切ったのではなく、どちらかというと侍としての本分が全うできなくなったことへのお詫びとして、切腹した、ということらしいですね。

それだったら、少しは理解できるけど、でもやっぱり元々の原因は虫歯なわけで、歯科治療技術が発達した現代に生まれてホントに良かったなぁと思うわけです。

虫歯の治療が終わったら、「千住の歯神様」にお参りに行こうっと。

by t0maki | 2014-01-11 15:29 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< 世界各地の工芸品が一堂に。「伝...     活字離れなんて言ったの誰? >>
Back to Top