ブログトップ | ログイン
ジャック・ロンドンのほぼ一生分の作品を手に入れた
c0060143_22124281.jpg

カナダのユーコン準州にあるホワイトホースという場所に「オーロラ王国ブロガー観光大使」として行くことになりました。

全く行ったことが無い場所なので、事前に予習をしようと思ってユーコン準州が舞台の作品を探してみたら、ジャック・ロンドンの『野性の呼び声』に行きつき、さっそく図書館で借りて完読。
続いて原書を読もうと思ってAmazonで探してみたら、なんとKindleで無料で販売してました。そうだよね、もう100年以上前の作品だものね。著作権が切れたパブリックドメインってワケだ。

さらにいろいろ探していたら、なんと『The Complete Works of Jack London (100+ works)』っていう、ジャック・ロンドンが生涯に渡って発表した作品のほとんど全てを網羅しているっていう本を発見し、294円で購入。100作品以上、14万8千ページを超すそのボリュームは、それだけでもうちょっとした本棚の量だよね。

さっそく『ケータイ会議NX!!』でモニターレビュー中の富士通製docomoスマートフォン「ARROWS NX(F-01F)」のKindleアプリでダウンロードしてみたけど、さすがにこの量を全部読める気がしない……。旅行中とか、時間を見つけてちょこちょこ読みます。

▼収録作品
The Abysmal Brute
The Acorn-Planter
Adventure
Before Adam
Brown Wolf and Other Jack London Stories
Burning Daylight
The Call of the Wild(←『野性の呼び声』の原書)
Children of the Frost
A Collection of Stories
The Cruise of the Dazzler
The Cruise of the Snark
A Daughter of the Snows
Dutch Courage and Other Stories
The Faith of Men
The Game
The God of His Fathers
Hearts of Three
The House of Pride
The Human Drift
The Iron Heel
The Jacket
Jerry of the Islands
John Barleycorn
Little Lady of the Big House
Lost Face
Love of Life and other Stories
Martin Eden
Michael, Brother of Jerry
Moon-Face and Other Stories
The Mutiny of the Elsinore
The Night-Born
The People of the Abyss
The Red One
Revolution and Other Essays
The Road
The Scarlet Plague
The Sea Wolf
Smoke Bellew
A Son of the Sun
The Son of the Wolf
South Sea Tales
Stories of Ships and the Sea
The Strength of the Strong
Tales of the Fish Patrol
Tales of the Klondyke
Theft
The Turtles of Tasman
The Valley of the Moon
War of the Classes
When God Laughs and Other Stories
White Fang(←これもユーコン。後で読む予定)

しかし、改めて思うのは、この小さな手のひらサイズのデバイスの中に、どんだけ書籍が入るんだよ、と。すごいね。


2013年12月26日追記:
前述のKindle版書籍、販売終了しちゃったみたい。なので、代わりにもっとすごい作品集をみつけたのでリンクを貼っておきます。なんと、19.5万ページ!!僕も、購入しました!

The Complete Works of Jack London: 292 Novels, Short Stories, Non Fiction Works, Plays, Autobiographical Memoirs and Poetry - Fully Illustrated




by t0maki | 2013-11-25 22:18 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)

<< ソーシャル時代のスマホとカメラ     今年もいろんな「初体験」、最後... >>
Back to Top