ブログトップ | ログイン
タッチオートフォーカスを使いこなそう!
c0060143_23155691.jpg

富士通製docomoスマートフォン「ARROWS NX(F-01F)」を使いつつ、ブログレビュー中。『ケータイ会議 NX!!』に参加しています。

さて、今日もカメラ機能について。
ARROWS NX(F-01F)のカメラはシンプルカンタン操作で楽々写真が撮れます。
基本的に、カメラを向けてシャッターを切ればそれだけで撮れますが、タッチオートフォーカスを使いこなすと明るさとかピントの位置とか調整できますよ。

同じ構図で、フォーカスの異なる写真を何枚か撮ってみましたのでご紹介。

▼手前にフォーカスをあててみる
2013-11-13 15.14.55

▼こっちは、奥の方にフォーカスを
2013-11-13 15.15.04

▼暗いところをタップすると写真が明るく補正される
2013-11-13 15.14.24

▼水に反射する遠くの枝葉にフォーカスあててみた
2013-11-13 15.14.19

同じ被写体でも、写真の表情が変わりますね。

「タッチオートフォーカス」は、撮影中に被写体が写ってる画面のタッチした部分に焦点があたり、かつその部分が最適になるように明るさが調整されます。明るい部分をタッチすると全体的に暗くなり、暗い部分をタッチすると明るくなる仕組み。

ちなみに、僕は写真を撮るまでにこんなふうにあちこちタップして「これだ!」っていう明るさとフォーカスになるまでシャッターを切らないので、「タッチシャッター」は使ってません。
画面をタッチすると自動的にフォーカスをあててシャッターを切ってくれる「タッチシャッター」は便利なのですが、いろいろ試行錯誤して撮るので、いちいちシャッター切ると時間もかかるしファイル容量もとってしまうので。

こんな感じで、スマホで写真を撮るのっていろいろ制限やクセもありつつ、その中でいろいろ試行錯誤して「おぉー、こんな写真も撮れるんだ」ってのを発見するのが楽しいです。




by t0maki | 2013-11-20 23:19 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)

<< 【続報】Instagramでギ...     「dyson AM05 ファン... >>
Back to Top