ブログトップ | ログイン
無料の試飲付き、ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所の見学ツアーに参加しました
c0060143_738153.jpg

昨年、北海道の余市でウイスキーづくりを体験してから、やたらお酒のブログ記事が増えました。酔いどれ「日曜アーティスト」のTOMAKIです。

念願のNIKKA WHISKY 仙台工場 宮城峡蒸留所に訪れました!
蒸留所探訪は、余市、白州に続き三か所目。
今回は、ブロガーとしてではなく、完全にプライベートで訪れました。

良い蒸留所の条件は、水と自然。宮城峡も新川川の伏流水と、緑に囲まれた素晴らしい立地環境です。

一般参加のガイドツアーは、ちょっと物足りなかったかな。
30分くらいで、ガラス越しにちらっと眺めるだけ。楽しみにしていた「カフェ式連続蒸溜機」も建物の外から立ち止まらずにチラ見するだけ。ガイドのお姉さんが手慣れた感じで紹介動画を流すのも、なんか味気ないんだよなぁ。
ブロガーイベントみたく、一歩踏み込んで、ってのが無かったのが残念。まぁでも、そもそもブロガーイベントが特別なんでしょうね。
それでも、ポットスチルの迫力とか、貯蔵庫の雰囲気とか、十分味わえましたよ。
c0060143_7391276.jpg

c0060143_7394124.jpg

無料の見学ツアーで、最後にしっかり試飲が付いてるのが素晴らしい。
なぜか、工場見学にはいなかった人たちが、試飲が始まると突如どこからともなく現れてた気がするのですが、気のせい??

「ブレンデッド鶴17年」、「シングルモルト宮城峡12年」と「ブレンデッド伊達」をいただきました。伊達ははじめていただきましたが、バニラっぽい甘い香りでおいしかったです。ついでに、妻がつくったアップルワインのハイボールも飲みましたが、こちらもなかなか。
c0060143_7395465.jpg

c0060143_7402669.jpg

試飲が終わった後、今度は場所を変えてシングルカスクの試飲も。勢いで、シングルカスク20年を購入してしまいました。20年熟成したウイスキー、色がもう琥珀を超えてダークブラウンになってて、香りだけかいだだけでもとろけるような感じ。これは後で飲むのが楽しみ過ぎる。

良い夏の思い出とお土産ができました。


宮城峡蒸溜所
http://www.nikka.com/reason/introduction/miyagikyo/

by t0maki | 2013-08-08 07:40 | Comments(0)

<< 仙台七夕祭りを「Canon E...     夏のビールと泡 >>
Back to Top