ブログトップ | ログイン
れん乳づくしのフルコース。森永乳業さん主催のファンミーティングに参加しました
c0060143_12331291.jpg

こんだけたくさんいろんな種類を一気に食べたブロガーイベントは初めて。
森永乳業さん主催の『あなたのれん乳愛が商品化へ!? ミルリンのれん乳シリーズ ファンミーティング』に参加してきました。

とりあえず、食べた内容は以下のとおり。

・れん乳氷バー(ウェルカムアイス)
・森永練乳苺とヨーグルト
・白くまヨーグルト(6月に発売したばかり)
・森永れん乳プリンと苺のソース
・牛乳プリンとろあま(8月リニューアル予定の開発中商品)
・れん乳いちごバー(れん乳味シェル)
・れん乳いちごバー(苺味(フレーバー)のシェル)

名前、これで合ってるかな?まぁ、とにかくたくさん試食してきましたよ、と。

そして、ここには書けない開発中の新製品も含めて、れん乳尽くしのデザートフルコースといった感じ。もう、最後の方はお腹いっぱいで……。かなり満喫しました。

会場に着いたとたん、“ウェルカムアイス”として「森永れん乳氷バー」をいただきました。そして、イベントが始まってからも各カテゴリーのプレゼンと試食がひっきりなしに交互に登壇&登場するうれしいサイクル。

まずは、ヨーグルト。
c0060143_12333584.jpg
「森永練乳苺とヨーグルト」はやっぱりおいしいね。苺と練乳って、なんでこんなに合うんだろう。この商品は、意外と男性に人気だそうですよ。

そして、6月に発売したばかりの「白くまヨーグルト」をいただきました。
あの、九州名物のかき氷「白熊(しろくま)」がヨーグルトになるって、なんか不思議な感じ。フルーツがごろっとしていておいしかったですが、「白熊」をイメージするとちょっと違うかな。だって、氷のシャクシャク感がなくって、どろっとしたヨーグルトですから。でもこれはこれで、普通においしかったですよ。

続いて、プリン部門。
c0060143_123471.jpg
c0060143_12335822.jpg
「森永れん乳プリンと苺のソース」に続いて、「牛乳プリンとろあま」の次期商品の試作をいただきました。この「とろあま」は3月に発売したばかりなのですが、もう8月の新商品を開発されているそうですよ。開発中の商品なのにブログに書いて良いのかちょっと心配でしたが、担当の方が「イイと思いますよー」と、軽い感じで答えてくれたので、「あ、じゃぁ載せときますよー」と、そんなノリで。

そろそろお腹も膨れてきた頃、おもむろに「アイスバー」の登場。
c0060143_12342882.jpg
おなじ苺を使ったアイスですが、「シェル」と呼ばれる外側の部分が白いれん乳味と、ピンクの苺味の二種類いただきました。
ここまでひたすら練乳味のスウィーツを連続で食べてたので、苺の酸味が味の変化にちょうど良い感じでしたが、でもやっぱり僕は練乳好きなので、れん乳味シェルの方も好みかなぁ。

と、ブログに書けるのはここまで。
この後は、謎の「研究員」が現れ、開発中のスウィーツをいただきました。内容は、ヒミツです。
こちらもおいしかったですよ。今後、発売されればいいなぁ。


というわけで、「“おいしい”をデザインする」森永乳業さんらしいブロガーイベントで、お腹も含めて満足満足。

いろいろ、担当者さんたちから生の声が伺えて面白かったです。

ちなみに、れん乳の森永ミルクは商品カテゴリとしては「ドライ商品」と呼ばれているそうなのですが、「クリープ」ならともかくなんで練乳もドライなんだろうと思ったら、「常温」っていう意味らしいですね。「チルド」の反対の「ドライ」。なるほどね。

あと、れん乳製品によく描かれてるウシの顔のイラスト。「ミルリン」っていう名前なのですが、その呼び方が決まる前は「うしくび」って呼ばれていたらしいですよ。
どんな字を当てるんだろ。牛首?ウシ首?
ちなみに、福岡県に「牛頸ダム」っていうのがあるらしいですが、もし「ミルリン」が「牛頸」だったら、字面的にもかなり強烈なことに。

ま、かわいらしく「ミルリン」で良いですよね。

ちなみに、ミルリンは当年とって57歳だそうです。
c0060143_12344559.jpg



Fans:Fans

by t0maki | 2013-06-19 12:36 | ブロガーイベント | Comments(0)

<< 高橋尚子さん監修のアプリを使っ...     「ARROWS NX(F-06... >>
Back to Top