ブログトップ | ログイン
お金をテーマにしたアート展「Money after Money」
c0060143_20205881.jpg

表参道のGYREとその周辺で開催されていた、「Money after Money | 信用ゲーム 2013」というアート展を観てきました。

「お金」をテーマに、たアンディ・ウォーホルやヨーゼフ・ボイスの作品展示の他、会場周辺で仮想通貨を専用アプリを使って掘り起こす参加型ゲームなども。

展示会場は、MoMA デザインストアの隣。
入口入ってポップコーンメーカーが並んでいて、それがタイマーで作動してポンポンポップコーンが出てくるので、反射的に食べました、おいしかったです。
c0060143_20211283.jpg


ま、それはともかく。

アンディ・ウォーホルの作品は撮影禁止なので観て楽しみました。

UBERMORGENさんの作品は、ガラス窓の自然光の部屋に展示されていて素敵な空間でした。リンゴとお金はどのようにつながってるのかな??
c0060143_2021644.jpg


アプリを使った、GPS連動の宝探しも参加してみましたが、埋めてある場所の5m以内に近づくのが意外と大変。何度もニアミスしましたが、何回かゲットできました。
自分が埋めた仮想通貨が誰かに掘り起こされると、その人の映像が記録されて通知が来るみたいですね。最初知らなくて、多分オレは間抜けな顔で撮影されてたはず。
c0060143_2021941.jpg


お金とアート。実は意外と近いテーマなのかも。


ART | 一般社団法人 MAM
http://mamjp.org/art/

by t0maki | 2013-05-29 00:00 | アート | Comments(0)

<< 『インポッシブル』の試写会を観...     自転車博覧会で見た竹製自転車が... >>
Back to Top