ブログトップ | ログイン
[TOEIC チャレンジ] 英語学習報告&なぜか映画レビュー
さて、「TOEICテスト3カ月チャレンジ」の学習進捗報告を。
3月のTOEIC受験に向けて、アルクさん主催のブロガー企画に参加中。

そろそろこの企画の期間も折り返し地点。
アサインされた以下のアプリは、とりあえず一通り終了しました。

▼iPhone用英語学習アプリ
・1日3分 TOEIC(R) TEST PART5!
・キクタンTOEIC(R) Test Score 990

1日3分 TOEIC(R) TEST PART5!

TOEICのPART 5に出題される短文穴埋め問題 (Incomplete Sentences) の学習ができるアプリです。このアプリの監修は、今回のTOEICチャレンジ企画でお世話になっているヒロ前田さん。
以前iPod Touchで本編を一通りやってみたのですが、今回改めてiPhoneでもう一回学習し、50回分すべて本編&チャレンジ編をフルスコアで完了、と。
c0060143_11112154.png
c0060143_11112675.png


キクタンTOEIC(R) Test Score 990

単語の学習ができる『キクタン』シリーズのアプリ版です。発音や例文を音声で聞きながら学習できるのが素晴らしい。間違えた単語を復習できる機能もばっちり。
70日分・全1120単語をとりあえず一通り全部やりました。これから、苦手単語の復習をやっていく予定。
c0060143_1111378.png


映画で英語漬け

先日、ニューヨークへ行ってきました。
やっぱり、海外に行くと否が応でも英語漬けになるので、生活そのものが英語の学習になるので良いですね。
ニューヨークでの体験とは別に、往復の飛行機の中でひたすら洋画をたくさん見たので、とりあえず列記しておきます。

Bernie
リチャード・リンクレイター監督の作品の中では『Before Sunrise』って映画が一番好き。留学中に観て、結構ハマった。続編の『Before Sunset』の方はあんまり印象残ってないけど。『A Scanner Darkly』もこの監督さんだったんだね。
テキサスで実際に起こった事件のリアルなインタビューと、役者さんたちの演技がマッシュアップされてて、すごく面白かった。こんな映画のつくりがあるんだなぁ、と。
ジャック・ブラックが良い演技してる。

The Bourne Legacy
ボーンシリーズのスピンオフですよね、これって。
正統派アクション・スリラー映画って感じ。
主演のジェレミー・レナーを見てて、どうしてもこないだ観たアベンジャーズの印象を引きずってしまった。

Robot & Frank
ロボットと泥棒っていう対比が面白い。近未来SFなんだけど、ちょっと心温まるヒューマンドラマもあって、かつフランク・ランジェラの演技も良くて、結構楽しめました。
しかしこのロボット、やけに「ASIMO」風なのが気になったw。

The Campaign
ウィル・フェレルとザック・ガリフィナーキスが演じる立候補者が選挙戦を演じるコメディ。
これこそアメリカのコメディ映画だ、みたいな感じ。
人によって好き嫌いはあると思いますが、僕は結構こういうおバカな映画、好きですよ。ダン・エイクロイド久しぶりに映画で見た

Premium Rush
ストーリー展開が結構強引で途中「えぇー」とかなるんですが、ニューヨークからの帰りの飛行機で見ると「あ、このストリート、行った行った」みたいなノリで楽しめます。
主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットって、最近結構いろんな映画に出てますね。

Hotel Transilvania
邦題は『モンスター・ホテル』。
ドラキュラが運営するモンスター向けのホテルに、バックパッカーの若者が紛れ込んで……というストーリー。
ドラキュラ役がアダム・サンドラーってのが良いですね。サタデー・ナイト・ライブでコスプレしてたドラキュラのイメージそのまんま。後から知ったけど、狼男はスティーヴ・ブシェミだったのか。

Trouble with the Curve
邦題は『人生の特等席』だってさ。こいうタイトルに「人生の~」とか付けちゃうセンス、なんかちょっとイヤだ。
内容的には、クリント・イーストウッド演じる野球のスカウトマンの話。ストーリー的にはブラッド・ピットの『マネーボール』とは対極にある作品ですね。

Arbitrage
リチャード・ギアって、こういう資産家の役がはまりますね。同じく、ティム・ロスの刑事役も。
ティム・ロスの発音がさらにまたアメリカ英語っぽくなってた。

Hope Springs
結婚カウンセリングに参加する老夫婦の話。
メリル・ストリープと、トミー・リー・ジョーンズの掛け合いが見事。なんか、かわいい老夫婦。
スティーブ・カレルがギャグなしで演技しているのが新鮮。


映画好きにとって、長距離フライトはひたすら好きな映画を観ることができるので至福の時です。往復24時間越えも、あっという間。日本で劇場公開前の映画が見れたりしますからね。
ただし、小さい画面でヘッドセットも安っぽくって、機内アナウンスや食事でとぎれとぎれになっちゃったり、検閲なのかなんなのか音声が不自然な感じで改変されてたりって感じで、気に入った映画は結局あとでもう一度DVD借りて自宅で見ることになるんですけどね……。

英語学習報告が、途中で映画レビューになっちゃいましたが、今日はそんな感じで。

最後にヒロ前田さんへの質問を。


ヒロ前田さんへの質問

どんな映画が好きですか?
もし、「英語学習に最適な映画」があれば教えてください。

僕は、『Waking Life(ウェイキング・ライフ)』という映画でよくシャドウイング学習をしたりします。
と、10代の頃に英語を勉強していた頃は、『インディ・ジョーンズ』のシナリオ本を買って、ビデオを見ながらセリフを読んだりした思い出があります。


[TOEIC チャレンジ] 3カ月チャレンジ記事まとめ
http://tomaki.exblog.jp/19116125


TOEICテスト究極の模試600問

TOEICスコアアップチャレンジ:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/pr/

by t0maki | 2013-02-04 00:00 | ブロガーイベント | Comments(5)
Commented by 前田 at 2013-02-07 22:59 x
学生時代に映画を使って英語を学んでいました。たまたま好きな映画に「Back To The Future」がありましたので、シリーズ3作を何度も何度も見ました。t0makiさん同様に、セリフが文字になった本を使ったり、音声部分だけをテープに録音してモノマネ練習に明け暮れたこともありました。
Commented by 前田 at 2013-02-07 23:00 x
ほか、法廷ものがすきでしたので、「JFK」や「12人の怒れる男」も何度も見ました。あとは「Other People's Monery」です。正確に言えば、「見た」だけでなく、たまにストップしてそのシーンで俳優さんがしゃべることを意識的に聞き取ったり、まねしたりしました。なぜか、そういうことが好きだったのです。
Commented by 前田 at 2013-02-07 23:00 x
さて、英語学習に「最適な」映画があるのでしょうか。どうでしょうねぇ。個人的な経験から言えば、「英語学習をするから、これを見るぞ」という順番で考えた映画でも長続きしないものがありました。ハマったものもあります。一方で、シナリオ、俳優さん、描いている世界、出しているメッセージなどを好きになったら、それを徹底的に何度も利用する、という順番で利用する映画を決めるほうが、結局は内容(英語)を吸収できると思います。
Commented by 前田 at 2013-02-07 23:00 x
幅広く「英語」をとらえれば、どんなタイプの映画でも英語があれば学びにはなりますが、あえて何かを選ぶとすれば、例えば宇宙人が地球を滅ぼす映画や、ハイジャック犯が機関銃を乱射するような映画は、あまり適していないかも知れません(好きならそれでもいいですが)。「うおぉぉぉぉぉおおぉ」とか「バババッ!ババッ、ババババババババババ」みたいなセリフ(音?)が少なくて、もっと落ち着いた普通のセリフ主体の映画が向いているとは思います。(最優先は「何度でも見たい」と思える映画であることは言うまでもありませんが)
Commented by t0maki at 2013-02-08 10:00
Other People's Moneryはまだ観たことがない映画でした。ダニー・デビートとグレゴリー・ペックですか。面白そうなので、ぜひ観てみたいと思います。会話主体の映画の方が勉強になりそうですね。登場人物がたくさんいるオムニバスみたいな構成だと、いろんな会話が聞けて面白いです。12人の怒れる男も良いですね。と、バック・トゥ・ザ・フューチャーは僕も好きですよ。最近は英語字幕も出るので、DVDって便利ですね。

<< 偽Twitterアカウントは見...     良く切れるって噂のハサミ「フィ... >>
Back to Top