ブログトップ | ログイン
[TOEIC チャレンジ] ニューヨーク近代美術館(MoMA)で英語の勉強を
c0060143_947521.jpg

ばたばたと慌ただしく、ニューヨークへ行ってまいりました。
仕事で、出張です。

「勉強」っていう意識はほとんどないのですが、英語の環境の中にいると嫌でも英語の勉強になりますね。当たり前と言えば当たり前ですが。

中でも、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に行ったとき、オーディオガイドを借りて作品の解説を聴いてたらなんとなく「英語学習教材として最適だなぁ」なんて思ったので、使ってみた感想など。

まず、オーディオガイドのデバイスを受け取るには、MoMAに入場してすぐ1階に貸出カウンターがあるので、写真つきIDと引き換えにデバイスをレンタルします。日本の免許証でOKでした。パスポートはダメみたい。

で、館内を歩きながら、音声ガイド有りのマークが付いている展示を見つけたら、デバイスにその作品に呼応する番号を入力して解説を聴く、と。
デバイス自体は、電話の子機みたいな感じ。耳に当てて聴きます。
音声ガイドの内容は、キュレーターやアーティストによる作品の紹介や解説など。

▼MoMAオーディオ端末
c0060143_9481091.jpg


▼このマークが目印
c0060143_9482689.jpg


面白いのは、キッズ向けの解説もいくつか用意されてること。
子供同士の会話だったり、音楽や効果音があったりして、これが結構わかりやすくて面白かったです。Piet Mondrianの『Broadway Bogie Wogie』っていう作品のキッズ向けの音声解説では、実際のその音楽が流れたり。
大人向けの解説を聴いた後に、子供向けのと聴き比べてみるのも良いかも。

作品を眺めるだけよりも、その背景であったりとか、見方みたいなことが分かるので、オーディオガイドはすごく便利で役立ちます。
かつ、英語の勉強にもなるよ!と。

オススメです。


[TOEIC チャレンジ] 3カ月チャレンジ記事まとめ
http://tomaki.exblog.jp/19116125


TOEICテスト究極の模試600問

TOEICスコアアップチャレンジ:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/pr/

by t0maki | 2013-01-28 00:00 | ブロガーイベント | Comments(0)

<< 突然血尿と尿管結石でまいった     散歩しながらブログ書きながら >>
Back to Top