ブログトップ | ログイン
[TOEIC チャレンジ] カプセルホテルでひとり英語合宿
c0060143_044287.jpg

カプセルホテルに泊まって、ひたすら英語の勉強をしてきました。ひとり英語合宿ってことで、カンヅメ企画第二弾ってことになるのかな。

▼前回はこちら
勝手にひとりでカンヅメ式ブログ合宿中
ホテルでカンヅメ&ひとりブログ合宿を振り返って

今回は、ひたすらTOEIC模試を受験してきました。合計3回やったので、6時間分。そこで学んだこととかはまた別途書くとして、今回はとりあえず模試のスコアを記録しておきます。

TOEIC合宿模試一回目はアプリで

まずは、iPadアプリ「TOEICテスト スーパー模試 600問」を使って模試を実施。3つ収録されているうちの第一回。
スコアは980点でした。
c0060143_05154.png



二回目は公式問題集

『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉』を使って、今度は本格的に実戦さながらの紙のマークシート。リスニングが100問中94問正解、リーディングが100問中95問の正解ということで、「換算点レンジ」としては855-985レベルということに。どうも、公式問題集はピンポイントでスコアが出てこないらしい。
c0060143_051299.jpg



三回目はパーフェクトスコア

翌日の朝、最後の模試を受験。前述のiPadアプリの問題集をやったのですが、第二回は以前受験したことがあるので、ここは問題なくパーフェクトスコアの990点を獲得。ただし、同じ問題を今回も間違えていたので、課題は残りました。
c0060143_052410.jpg




三回連続でTOEICの模試を受験して、だいぶテストにも慣れてきました。ちょっとしたコツもつかめてきた感じ。まだまだ課題は多いけど、まずはとりあえず順調です。
今回の合宿で気づいたこととか、また別のブログエントリーで紹介します。


最後に、講師ヒロ前田さんへの質問

TOEICにはいろんな裏技やTIPSがあって、いろんな方がそれぞれの受験方法を身に付けて実践しているようですね。「先読み」であったり、「ダブルパッセージを先に回答」とか。あるいは、受験に使う筆記用具や腕時計など。前田さんは、どのようなスタイルで受験されていますか?受験のテクニックや、筆記具にもこだわりがあれば教えてください。



TOEICテスト究極の模試600問

TOEICスコアアップチャレンジ:スペースアルク
http://www.alc.co.jp/kikutan_app/pr/

by t0maki | 2013-01-15 00:05 | ブロガーイベント | Comments(3)
Commented by 前田 at 2013-01-19 19:35 x
ボクが受験するときには、本に書かれてある受験スキルが有効かどうか検証する気持ちを持って受験することが多いです。
たとえば、パート3とパート4における「設問の先読み」は、基本的には重要(有効)なスキルだと思っていますが、では、60問すべてに対して実践するのが本当に有効か、と疑問を持つことで、あえてバリエーションを持たせた取り組みをすることがあります。
2013年1月の公開テストでは、DP(ダブルパッセージ)4セットを先に解答し、その後で、SPすべて解答。次にパート6、最後にパート5に取り組みました。理由は、ある講師がセミナーで似たことを話していたのを聞いたからです(ちょっとアレンジしてみましたが)。
Commented by 前田 at 2013-01-19 19:35 x
結果として、一般的な受験者が実践する場合、1. パート7でのミスを減らす効果がありそう 2. パート5で塗り絵をしそう(苦笑) と感じました。ただ、それは事前に練習をしない場合であり、そのスタイルで事前に練習しておけば人によっては有効に機能すると感じました(特に、パート5と6で時間を使いすぎる傾向がある人にとって)。
筆記用具にこだわりはありません。いつも使っているものをかばんに入れていることを確認してから家を出るようにしています。たまに、見つからない場合がありますが、その場合は落胆せずにコンビニで買います。
Commented by t0maki at 2013-01-22 17:57
>前田さん
なるほど、受験スキルの検証をしながらというのはすごいですね。
何度もたくさん受験をこなしている方ならでは。

結局のところ、どのパートから手を付けても受験の合計時間が変わる分けではないので、時間配分も含めて自分で調整するしかなさそうですね。

筆記用具、見つからない場合はコンビニで購入ですか!
僕は、100円ショップで購入したマークシート用のシャープペンシルが気に入ったので、2本購入しました。

<< 自分にあった「スタイル」で     娘とグミつくった >>
Back to Top