ブログトップ | ログイン
Instagramに追加された「Willow」ってどういう意味?
Instagramがアップデートして、新しく「Willow」っていうフィルタが追加されましたね。iPhone 5でInstagramを使ってみたら、画面のインターフェイスもだいぶ変わって、ボタンの配置が変わったり、カメラロール画像が選びやすくなったり、よくみるとぼかし(Tilt-Shift)のかかり具合もちょっと変わってるような。けっこうあちこち変わりましたね。カメラロールにInstagramってアルバムができて、加工した画像が保存されるようになったのがなにげに便利。

さて、さっそく「Willow」フィルタを使いつつ、いろいろ遊んでみましたよ。

これが撮影したオリジナルの写真。
c0060143_20364594.jpg


で、「Willow」フィルタをかけてみたとこ。
c0060143_20501162.jpg


さらに、縁を付けてみたり…
c0060143_20381268.jpg


コントラストを上げたり、真ん中に円形のぼかしを入れてみたりひととおり。
c0060143_20385010.jpg



こちらが完成した作品。Flickrにアップしたので、写真をクリックすると高解像度の画像をFlickrで確認できますよ。
2012-12-11 17.01.02


「Willow」フィルタをかけると、若干マジェンタっぽい色調のモノトーンの画像になります。周辺光量落ちのトンネル効果っぽい加工で四隅が若干暗くなる効果も、なんだか温かみのある感じですね。
似たフィルタで「Inkwell」ってのがありますが、こっちはもっとくっきりはっきりとした白黒のエフェクトなので、使い分けができそうです。

さて、「Willow」ってどういう意味だろうって調べてみたのですがなかなか出てこない。直訳すると、「ヤナギ」だけど違うよなぁ、と。一瞬映画の『ウィロー』かとも思いましたが、なんかピンとこない。「Willow Pottery」っていう陶器メーカーが見つかりましたが、そこで販売してるのはテラコッタばかりなので、どうもそれじゃないようだぞ、と。

で、判明したらなんとも簡単。Facebookの社屋がカリフォルニアの「1601 Willow Road」っていう住所にある、と。だから「Willow」なんですね。なんか納得。
分かったら「なぁんだ」って感じですが、でもこれって意外とInstagramがFacebookに買収されたことを象徴していておもしろいかな、と。

今日はそんな感じで。

t0maki on Instagram
http://instagram.com/t0maki

by t0maki | 2012-12-11 20:56 | アート>写真 | Comments(0)

<< ドコモオンラインショップでオプ...     あれからもう2年ですか >>
Back to Top