ブログトップ | ログイン
「こんなScanSnapがあったらいいなぁ」を勝手に妄想してみた
c0060143_22312236.jpg

前回、株式会社 PFUさん主催の「ScanSnap ユーザーカンファレンス」に参加した記事を書きました。

「ScanSnap ユーザーカンファレンス」で iX500の進化を体感
http://tomaki.exblog.jp/18833190/

今回発売された「ScanSnap iX500」はずいぶんと進化しましたが、今後もますます未来に向けてさらに進化してほしいな、と。

そんなわけで、僕が考えた「夢の」ScanSnap新機能を勝手に妄想する企画。
こんなScanSnap欲しいなぁっていうのを考えてみましたよ。


プリンタと合体

デジタル化した資料の特定のページだけ選んで、パソコン立ち上げることなくプリントアウトできたら良いなぁ、と。
印刷機能もうれしいですが、どちらかというと置き場所が一つになるメリットも高いかも。結構、パソコンまわりの空間でドキュメントスキャナを置く場所に困るんですよね。プリンターと合体したら置き場所が節約できるぞ、と。


カメラ機能

ドキュメントスキャナをデジタルアーカイブを構成するためのツールと考えると、ドキュメントだけでなくて立体のオブジェクトとか、A3以上に大きいもの、スキャナーにフィードできないものもなんとか残せないかな、と考えたときに、カメラ機能があったら良いかな、と。でも、デジカメで撮れっていうハナシですかね。むしろ欲しいのは、クラウド連携のデジタルアーカイブのソリューションかも。じゃ、次の項目へ。


クラウド連携のデジタルアーカイブ

前項の流れで。PDFをがんがんスキャンしていくと、やがて大量のファイルに埋もれてしまうんですよね。「あれ?あの資料どこだっけ?」なんてのが見つからなくなってしまって、探している間にハードディスクが壊れたりして永久に紛失してしまったり。ファイル管理を少ない手間で、ほぼ自動的にデジタルアーカイブ化してくれて、記憶を引き出すようにファイルを見つけてくれるソリューションがあったら良いな、と思うのです。勝手に解析したりタグがついたりして、読み込んでいくだけでほぼ自動的にクラウド上のデジタルアーカイブが構築されていって、友だちや家族とシェアできたり。その際、アクセス制御(ACL)なんかも重要になってきますよね。そんなソリューションが欲しいのです。


3Dスキャナ

スキャナで読み込めないものの続きで。立体のものをデータとして読み込むときに、写真だけじゃなく3Dデータはどうかな、と。最近、3Dプリンターとかも出ているので、それ用のデータがスキャンできる機能。こんなのいらない??


Android OSを組み込む

Androidのタブレット端末とUSBやWi-Fiで接続して使うなんていうのも良いですが、もうタブレット端末自体をScanSnapに組み込んじゃったらよいのに、と思うのです。これが実現したら、フツーにかなり便利ですよね。ファイルを加工したり、クラウドにアップしたり、他のアプリと連携させたりがScanSnapだけでできちゃう。これは本当に実装してほしい。


フィルムスキャン

個人的には、この機能が一番欲しかったりします。フィルムカメラで撮影したネガを大量にデジタル化してくれる機能。フラットベッドスキャナで、ネガ用のアダプタつけてスキャンできますが、オートフィーダーがないのですごく時間がかかる。ScanSnapがドキュメントを次々スキャンする感覚で、フィルムもスキャンしてくれないかなぁ。ただ、世の中のニーズを考えると、この機能は絶対に実現しないだろうなぁ……。


あと、重送(ダブルフィード)が発生した時に機器の方で勝手に読み込み直してくれる機能とか、数千枚でも延々とオートフィードしてくれるアダプター的なもの、文庫本の表紙カバーを読み取った後に正面の部分だけ切り抜きしてくれるような機能とか、いろいろ要望がありますが、とりあえず今回はこの辺で。かなり「ネタ」的な要望も混ざってますが、もしこのブログを読んでくれている担当者の方がいらっしゃいましたら、ぜひ検討してくださいませ。

というわけで、新機能搭載した「ScanSnap iX500」が発売されますが、その先の未来にこんな夢のScanSnapが発売されたらいいなぁなどと妄想しつつ。今日はこの辺で。



FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500


Fans:Fans

by t0maki | 2012-11-14 10:34 | ブロガーイベント | Comments(0)

<< 『3331 TRANS ART...     「ScanSnap ユーザーカ... >>
Back to Top