ブログトップ | ログイン
宝石の写真をひたすら撮ってた頃
卒業して初めて就いたのが、宝石デザイン会社でひたすら商品写真を撮る仕事。
一日中まじめに商品写真を撮ってましたが、たまに自分の好き勝手に撮影して、フォトショップでガンガン加工したり。
c0060143_21115010.jpg

デジタル一眼レフカメラがびっくりするくらい高価で、まだ珍しかった時代。というか、ボディは普通にNikonの一眼レフで、背面にカポってKodakかなにかのデジタル用のごっつい装置が取り付けられてるようなカメラでした。
c0060143_2111533.jpg

あと、Digital Goldsmithっていう宝石デザイン専用のソフトがあって、それを使ってアクセサリーのデザインとかもやらせてもらいました。商品化はされなかったけど。面白かったですよ。
エイリアンとか、ふざけて作ってみました。
c0060143_21115614.jpg

デジタルを中心とした広告の部署だったので、ここでがっつりPhotoshopを仕事で使いながら覚えつつ、徐々にWEB制作の知識とスキルを身につけていった感じです。

今の自分の原点です。

by t0maki | 2012-09-17 21:26 | アート>写真 | Comments(0)

<< 『日本の未来10原則』を自分な...     アナログ時計の待受け画像 >>
Back to Top