ブログトップ | ログイン
代官山の蔦屋書店が想像以上に良かった
c0060143_2323278.jpg

少し前の話になりますが、代官山の蔦屋書店(TSUTAYA)が良いらしいよっては聞いていたのですが、ようやく実際に行く機会がありました。
ハードル上げた状態で行ったにも関わらず、それを上回る感じで、良かったですよ。本屋って、売れ筋の本をただ平積みにしているだけではダメだと思うのですよ。だって、売れてる本を買うだけなら、Amazonで買う方がよっぽど楽なんだから。
わざわざ本屋に行って本を買うっていうのは、そこに何かプラスアルファがなければ。本屋の雰囲気であったりとか、品揃えとか、見せ方とか。
「本のキュレーション」が重要だと思うのです。
どんな本をセレクトして、どういう風に見せるか。

僕がヴィレッジヴァンガードが好きなのは、そこに行けば自分の好みにあった面白そうな本が見つかるから。知らない作家さんの本でも、「ヴィレッジヴァンガードで売ってるから」っていう理由で買ってしまったり。

c0060143_2323443.jpg

蔦屋書店は、ヴィレッジヴァンガードの大人版みたいな感じかな。
本だけじゃ無く、音楽や文房具なども。

平日ぶらりと立ち寄って、一日中そこで時間をつぶしたいお店です。

by t0maki | 2012-08-08 23:23 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)

<< 浅草や上野をめぐる「めぐりん」...     地元にある鰻の名店「尾花」に初... >>
Back to Top