ブログトップ | ログイン
真空管テレビの光に照らされる人形の顔
c0060143_2205388.jpg

また例によって週末にブログを書きためようとして、ネタをあさってたらこの写真が出てきた。学生時代のインスタレーション作品。

真空管テレビの光に照らされる、陶芸粘土で作った人形の顔。

どうも最近、過去を振り返ってノスタルジーに浸ったりするのは、多分今が人生の転換期だからだと思う。過去を振り返って原点を見つめ直すってこと。

すぐそこに答えがあるような気がするのだが、周りの騒音が激しすぎて、なかなか聞き取ることができないような。フラストレーション。

僕という存在はただ、このブラウン管に映し出された、ありきたりな顔の一つにすぎない。でもそこで何を考え、何を目指し実行するかは、自分次第なんだよね。

まぁ、とりあえず、がむしゃらにジタバタしてみます。
いままでもそうだったし。結局それしかないわけだし。

by t0maki | 2012-06-09 00:00 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< 土曜の夜     電柱と電線を加工しただけの作品 >>
Back to Top