ブログトップ | ログイン
土曜の夜
c0060143_1522845.jpg

さて、土曜の夜。記憶と記録の合間で言葉をもてあそぶ。
多少酩酊しているけど、別にアルコールが入ってるわけではなく。
なんとなく。

娘が通ってる小学校の公開講座で、「いのち」についての講演を聞いてきた。

生と死を分けるものってなんだろうね。
生きている証。実感。足跡。

生と死に明確な境界線があるわけではない。そこにあるのは、線ではなく、領域。生と死を彷徨うボーダーエリア。

考えてみれば、人間はみな生を受けた瞬間から死に向かっているワケで、だとしたら人生そのものが生と死のボーダーエリアなのかもしれない、などと不毛な考えに浸りつつ。

そんな土曜の夜。

by t0maki | 2012-06-10 01:53 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< 紫陽花つくった(手伝いをしました)     真空管テレビの光に照らされる人形の顔 >>
Back to Top