ブログトップ | ログイン
AFTオープンスタジオ@3331から一ヶ月
c0060143_2337166.jpg

「あっ」という間にオープンスタジオから一ヶ月。その節は、ホントにお世話になりました。
ブログでの報告が遅れましたが、ご来場いただいた方々には、お忙しいところ本当にありがとうございました。本当はもっとお話したかったのですが、バタバタしておりましてすみません。

2月26日(日)に、3331 Arts Chiyodaにて、オープンスタジオをさせていただきました。ジオラマ用の登山家がお菓子に登る「そこにスウィーツがあるから」シリーズの撮影実演や、「アートかくれんぼ」として豆粒大の陶芸彫刻作品を持ち帰って隠してもらう参加型企画をしたり、こんな場所で作ってますよというオープンスタジオで、元中学校の教室をアトリエにした隠れ家を見ていただきました。用意した「アートかくれんぼ」の作品もほとんど持って帰っていただき、それぞれどこか皆さんの思い出の地に旅立って行った、と。
c0060143_23381041.png

c0060143_23373021.png


いつもどおり、思いつきとその場のノリで創作活動をしているもので、開催まで残り一週間を切ったタイミングでFacebookにイベントを立てて皆さんを招待することで自分で自分にプレッシャーを与えつつ、結局なんだかんだで前日にギリギリ企画説明の資料や名刺のデザインが完了し、当日現場で作品の袋詰めとか、展示のセットアップをしたり、なんとか間に合って良かった良かった、と。

思った以上にたくさんの方に来場いただいて、本当に感謝です。

c0060143_23373489.png

楽しい思い出を抱きつつ、4月中旬にスタジオが終了、と。約半年間の制作拠点が無くなってしまうのは寂しいですが、実はそこで何かをつくったっていう思い出よりも、そこでの活動を通していろんな人と出会い、自分の世界がちょっとだけ広がったことこそが収穫だったな、と。人とのつながりもそうだし、いろんな価値観の人達と交流することで、さらに自分の世界が広がったような気がします。

本当に、ありがとうございました。いや、まだ終わってはいないけど。

さて、最後の修了展に向けて、これからラストスパート……と行きたいところですが、現在アホみたいに仕事が忙しく、公私ともに充実しているのは良いのですが、また例によって修了展の企画はばっちり頭の中にあるものの、全然形になっていません……。
多分、今回もギリギリになって時間との闘いになるのだと思いますが、そんなのも含めて思いっきり楽しみたいと思います。

4月13日~15日、最終の作品展やりますので、お時間のある方、お近くにお立ち寄りの際は是非遊びに来てください。

構想はばっちりなので、あとはなんとか形にする、と。
間に合うのか?いや、間に合わせる(激しくデジャヴ)。


『ARTS FIELD TOKYO(AFT) STUDIO COURSE 2011年度修了発表会』
3331 Arts Chiyoda B102&B105
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
2012年4月13日(金)~15日(日)12:00~19:00
TOMAKI・二宮美由紀・松井克文・藤城光・岸ナイル・松尾宇人

by t0maki | 2012-03-26 23:39 | アート | Comments(0)

<< ラクガキ×ラクブン:『差し伸べた手』     「塩ひよ子」をめぐる冒険 >>
Back to Top