ブログトップ | ログイン
AR三兄弟の作品に入り込んできた
c0060143_22193833.png

3331 Arts Chiyodaで行われたAR三兄弟とassistantのコラボ作品展、「ワンダーランド一○一一○」を見てきました。

一度お目にかかりたいと思いつつ、ずっとニアミスし続けているAR三兄弟。そして今回も、オープニングは仕事で行けず、トークセッションも申し込んでたのに娘の体調不良で参加できず。なんかもう、絶対に会えない呪いか何かにかかってるのかね、オレ。

そしてさらに、作品展でも軽いハプニング。
今回の作品は、プロジェクターにライブ映像が流れてて、会場に黒電話がぽつんと置いてある。で、正常に機能している状態なら、黒電話の周りで三分くらいぼーっとしてると電話が鳴り、応答すると受話器からピンクレディーの「透明人間」が流れ、プロジェクターに映ってるはずの人々がみんな点線のアウトラインだけの「透明人間」になってしまうっていうデジタルインスタレーション作品。

c0060143_2220452.jpg

でも、僕が行ったときに全然動かなかったんですよ。いくら待っても電話が鳴らない……。キュレーターの人がその場でプロジェクターとPCを再起動してくれて、ようやく正常に動いた、までは良かったのですが、再起動中に僕が写り込んでしまったので、透明人間の透明部分に僕が写り込んでしまってややこしいことに。
そこに映ってるはずのオレは映って無くて、映ってない透明な部分にオレが映っているというシュールな映像に。

やっぱり僕は、AR三兄弟に関してはなにかしら呪いにかけられているのだと確信しました。

AR三兄弟+assistant「ワンダーランド一○一一○」
会期:2012年3月9日(金)~3月22日(木)
時間:12:00~20:00
会場:アーツ千代田3331
参加作家:AR三兄弟、assistant

AFT2011_ワンダーランド 一〇一一〇_AR三兄弟 × assistant
http://2011.artsfield.jp/

by t0maki | 2012-03-16 00:00 | アート | Comments(0)

<< 世界に一つDreamPages...     原発事故から12年『プリピャチ... >>
Back to Top