ブログトップ | ログイン
「Dropbox」のβテストで自動アップロードを試してみた
c0060143_22491548.png

なにやら「Dropbox」のデスクトップアプリとAndroidアプリの最新版βテストをやってるっていうので、さっそく参加してみましたよ。

今回、写真や動画の自動アップロードのテストということで、追加容量がもらえるおまけ付きらしいです。

まずはデスクトップ版アプリをインストールして、手元にあったデジタルカメラのSDカードやら、ケータイのmicroSDやらをPCに挿して、自動アップロード、と。
自動的にどんどんPCのDropbox専用フォルダ(Camera Uploads)に写真がコピーされて、そっからネット経由でDropboxにひたすらアップロードされていきます。

さらに、Android版のアプリもβ版をインストールして試してみました。
βテスト用の.apk(アプリのファイル)をARROWS X LTEにインストール。こっちも、写真を自動的にバックグラウンドでアップする機能が追加されています。

スマホで撮った写真が自動的にDropboxに保存されていくのは便利ですね。
アップロード可能な環境で撮影すると、撮った先からどんどん自動的にDropboxに同期されます。もちろん、この機能は設定で無効にすることもできますし、Wi-Fiのみの設定や、データプランを使用する場合も25MB以下のファイルのみに設定することも可能です。

あとは、写真を整理したり、見つけやすくする工夫があると良いかな、と。アップする時にタグを付けるか、フォルダに仕分けするか。まぁ、自前でなんとかしろってハナシかもですが。それとも、なにか設定でどうにかなるのかな?

先ほど、β版のDropboxをインストールしたスマホ端末を持って実際に写真を撮りながら散歩してきたのですが、普通に写真を撮って戻ってきたらPCのDropbox用フォルダにさっき撮って来た写真がもう入っていて、これはなかなか便利です。

せっかくのβテストなので、もし参加される方は容量増やすためだけじゃなく、何か気づいたら積極的にフォーラムに参加して発言してみたら良いと思います。
英語なので若干ハードル高いかもですが、Dropbox自体世界的に広まっているサービスなので、英語が母国語でない人でも普通に書き込みしてましたよ。

と、β版をインストールする場合はバグが出ることも考慮して、データのバックアップは必須ですね。利用は自己責任でお願いします。


今日はそんな感じで。

by t0maki | 2012-02-06 00:00 | ライフスタイル>文具・アプリ | Comments(0)

<< 水着とゴーグルを新調しました     調子に乗ってLTE回線使いまく... >>
Back to Top