ブログトップ | ログイン
初詣でのおみくじでちょっとした奇跡
正月、近所の神社に家族で初詣に行ってきました。

毎年思うんだけど、お賽銭の金額よりおみくじに払う金額の方が高いと微妙な心持ちになるよね。正月くらいお賽銭を奮発して「じゃらじゃら」のお金じゃなくて「ひらひら」の方を差し出しても良いんじゃないかと思うけど、思うだけで実際には……ねぇ。

例によってじゃらじゃらの方のお金をお賽銭箱に投げ入れ、金額相当とはちょっとかけ離れた大それたお祈りをしつつ、そのままの流れでおみくじを引きました。

c0060143_2210668.jpg
ぼくが引き当てたのは「末吉」で、「なんだよツイてないなぁ」と思いつつ、何気なく妻とお互いのおみくじを見比べたら、なんと番号が違うだけで本文が全く一緒!
神社側が手抜きして同じ文言をひたすら使い回ししているっていうワケでもなさそうだし、実際クジの番号は違ってるから、「これはなんともエライ偶然だねぇ」と、吉のどん尻引いた割にはちょっとほっこりしました。
ただ、末吉は末吉なので、速攻で境内の枝に結んで帰りましたけどね!

今年も何か良いことありそうですよ。
末吉なのにこんなにラッキーなハプニングとか、おいしすぎます。

今年も宜しくお願い致します。

by t0maki | 2012-01-02 00:00 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< ベランダにプリンターとケータイ...     年が明けましたね >>
Back to Top