ブログトップ | ログイン
『ツーリスト』を観ましたよ
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが出演している、『ツーリスト』を観ました。ストーリー的には『ナイツ・アンド・デイ』の逆バージョンみたいな感じ。面白かったですよ。多少ストーリーが強引なところもありますが、そこはそれ、映画ですから。

以下、ネタバレ注意で。

そこはかとなく、ペーパーバック・ノベルっぽいような、でもあえてそれを狙っているかのような。サスペンスノベルにおきまりのヨーロッパを走る電車での出会いとか、ベニスを舞台にカーチェイスならぬボートチェイスとか。鑑賞のコツとしては、あまり深く考えずに、単純に軽いサスペンス系恋愛小説を読んでるノリで鑑賞すれば良いと思います。

アンジーファンなので、彼女の妖艶な仕草にクラクラきますが、あのアイシャドウは濃すぎじゃねぇの、って、ちょっと思いました。

ラストはヒネリも含めてほぼ予想通り。
『ツーリスト2』とかは多分ないと思うけど、違う役者さんで似たようなシチュエーションの映画作るのはアリかもですね※。

邦画版『ツーリスト』とか、誰かつくんないかな。舞台はベネチアじゃなくて、瀬戸内海の島。ヤクザの金を使い込んで、かつ警視庁からも追われてる会計士、みたいな設定で、ストーリーの流れは忠実に原作を再現しつつのリメイク。
エリーズ役はあえて同じアンジェリーナ・ジョリーにやってもらいたい。
ジョニー・デップがやったフランクの役は、もっくん(本木 雅弘)だろうね。
「そ、その顔は?」
「整形したんだよ」
「でも、イギリスなまりのアクセントは?」
「日本語でしゃべるのに慣れてしまってねぇ……」

ウケル。



※『ツーリスト』自体、2005年のフランス映画『アントニー・ジマー』のリメイクなんですね……。

by t0maki | 2011-08-22 00:51 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)

<< あぼかどばーがーたべました     あまりにもつまらない映画を観た... >>
Back to Top