ブログトップ | ログイン
「Optimus bright」がブライトなワケ
仕事柄、いろんな携帯端末に触らせていただく機会があるのですが、こないだ屋外のバーベキューに持って行った端末が「おぉっ」って感じで結構良かったので、突発的レビュー。

LGエレクトロニクス製のOptimus bright(L-07C)です。
c0060143_13203224.jpg


さすが、機種名に「bright」ってつくだけあって、画面が明るいです。そして、「bright」ってつくだけあって、なかなかに聡明です。

明るいのは、冒頭の写真を見ればそのまま伝わると思うけど、明るい割には消費電力もそんなに高くない、と。なので、バッテリーも普通に保ちます。最高輝度700カンデラって言われても良く分からないけど、「世界最高輝度(※)」って言われると、「へぇー、やっぱりそうなの」とか思います。

「bright」だから聡明ってのは、「モーションジェスチャー」って呼ばれる機能があって、端末を傾けたり端っこをトントン叩くと操作できるっていう、かなり直感的で面白い操作ができるってことから、僕が勝手にそう解釈しました。

実は、この製品については本業のWEB制作で直接関わってたりもするのですが、最初の頃はグローバルで使われてる「Black」っていう機種名が使われていました。それが、途中から「bright」になったのは、日本向けの端末にはカラーバリエーションがあるから。本体色がWhiteとBlackの2色あるのに加えて、背面カバーも追加で2色ずつ付いてきます。

まぁ、機能や特徴としてはいろいろありますが、最初に持った感じ「軽っ!」そして「薄っ!」っていうのが第一印象でした。

どんどん、いろんなケータイが出てきますね。フィーチャーフォン、スマホに関係なく。
WEB制作の現場は、ますます多様なデバイスが出てきて大変ですが……。


▼Optimus bright L-07C | LG Optimus
http://www.lg-optimus.jp/pc/l-07c/

※2011年5月16日現在。LG Electronics Japan調べ

by t0maki | 2011-07-12 00:00 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< 3D写真をカンタンにネットで公...     「ケータイ会議8」参加メンバー... >>
Back to Top