ブログトップ | ログイン
ぐるなび大学で「SquareClip」イベントに参加してきたよ
c0060143_3133121.jpg

『みんなでツクル!新感覚、位置情報サービス「SquareClip(スクエアクリップ)」ブロガーイベント』に参加してきました。

場所は、ぐるなび本社内にある、「ぐるなび大学」にて。
まずは、アプリよりもこの「ぐるなび大学」が何なのか気になって調べてみたら、ぐるなびさんが飲食店経営者や外食産業関係者向けに行ってる、いろんな講座やセミナーをやってる場所みたいですね。店舗ページ作りやデジカメ撮影セミナー、ウエディング会場様向けなんてのもあるのか……。すごいな。

「大学」ってことで、最初に登壇されたぐるなびのソーシャルメディア担当の方も、物腰と言い、服装と言い、なんとなく教師風。
c0060143_313455.jpg


続いて登壇されたアプリ担当の方は、こちらは教師と言うより、研究員風。
「SquareClip」の専任担当者は、この人ひとりだけらしいです。社員が千人以上もいる会社なのに、専任ひとり。ん?
c0060143_3135530.jpg


アプリ自体、まだ6月10日に立ち上がったばかりということで、まだまだ検索の仕様なども含め、機能追加の開発中らしいです。そもそも現状はアプリにヘルプすらもなく、会場で実際に話を聞くまで、僕はアプリでスポット登録する方法があるのかと思ってた(っていうか、探してた)……。

そもそも、「SquareClip」がどんなアプリかというと、「まとめ」ができる位置情報サービスアプリって感じですかね。実際に使ってみてなんとなく連想したのは、Amazonの「リストマニア」ですかね。あれの、ジオメディア版。
どんどん、自分のオススメスポットを「パック」としてまとめて、それを共有できる、と。
すでに、「電源が使えるカフェ」とか、「回転寿司マップ」「エクストラコールドが飲める店」なんてのが「パック」として登録&公開されてます。
c0060143_3141477.jpg


サービス自体は、いろいろ可能性を秘めていると思います。キモは、どんだけ面白い「パック」が集まるかでしょうね。そのためには、スポットをまとめるインターフェイス(特に検索部分)を洗練させて、かつ、使う側としてもより効率的にスポット情報を活用&共有できるように。より面白いパックを作った人へのメリット(この場合、必ずしも金銭的なインセンティブでなくてもよい)がはっきりしてくるとさらに良いかな、と思いました。

事前情報として「ぐるなびさんが開発したiOSアプリ」って聞いていたので、ぐるなびのデータベースやビジネスモデルとがっつり連携しているのかと思ったら、意外とそうでもないようです。千人規模の会社で専任ひとりっていうくだらないダジャレを先に書きましたが、アプリの名前も社内のエライ人が「じゃ、SquareClipで」って決めたという、なんだか某サービスを意識してるのかなんなのか、ホントにタイトルと中身が一致してるんだろうかみたいなことになってて……「頑張れ」と、そっと応援したくなります。

ただ、ぐるなび本体とはデータベースのつなぎ込みはしていないとはいえ、開発時に初期投入したスポット件数は160万件あるっていうことで、そこらへんはやはりさすがだな、と。

なんにしても、これからちょっと使ってみます。

今日はそんなところで。

SquareClip Appstore ダウンロードサイト
http://itunes.apple.com/us/app/squareclip/id441046255

SquareClip Webサイト
http://www.squareclip.jp/


Fans:Fans

by t0maki | 2011-06-22 03:19 | ブロガーイベント | Comments(0)

<< 「SquareClip」で国内...     トリップしそうなアプリを紹介 >>
Back to Top