ブログトップ | ログイン
富士通の新機種がっつり触ってきたけど本命はやっぱりF-09Cなのさ
c0060143_23464182.jpg

ケータイ会議の内覧会にお呼ばれしまして、いそいそと汐留 富士通本社に行ってきましたよ。一番のお目当ては、もちろんF-09C。3Dとか、ジオラマ加工とか、すっごく楽しみにして行きました。

いろんな機種の説明を受けた後、おもむろにF-09Cを一人一台タッチ&トライ!
3Dはねぇ、期待通り。っていうかそれ以上!
ヨコモーションで、画面が横の状態で3Dなのは分かるけど、縦にしても3Dっていったいどういうこと?!僕の頭ではさっぱり理解できないこの技術力。すごいね、ホント。

でも、コレ、3D機能は意外と好き嫌い分かれるんじゃないかなぁ、とちょっと心配。
僕みたいな立体視フェチにはたまらない感じなのですけど。その分、モニタが1mm分厚くなってるワケですからね。3D動画とか実際に見るとすごさが伝わると思うんだけど。

立体写真の撮影も出来ます。レンズ一つなのにどうやって撮るのかと思ったら、一度シャッター切ってから水平にズラす方式でした。動く被写体には向かないけど「ハイ、チーズ」って撮った人物画像は、見事奥行きが3Dで表現されてました。

なんか見え方が、普通のステレオカメラの立体写真ともちょっと違うなぁ、と思ったら、やっぱり奥行きを関知するエンジンを実装しているとのこと。結構グリグリ立体で感動しますよ。

もう一つ、楽しみにしてたのが「アートカメラ」モードです。「クロマキー」は、結構すごい。自動的に色を関知して、例えばモノクロ写真に赤だけカラー、なんていうアーティスティックな写真が撮れます。「シンドラーのリスト」の赤い服の女の子が出てくるシーンっぽい感じ……って、例えが分かりづらい??
「トイカメラ」とか、「クロスプロセス」も期待通り。ただ、一番楽しみにしてた「ジオラマ」モードがちょっと残念。なんかねぇ、ボカシの境界んところにうっすら線が入っちゃってて、やっぱ自然なボカシは難しいのかなぁ。ちょうどこないだ、ジオラマ風写真で有名な本城直季さんの作品を生で見てきたので、余計期待値が高まりすぎてたのかも。

ま、なにはともあれ、ケータイの内覧会のレビューで、3Dとカメラのことしか書かないのはどうなのよって感じですが、書くことはまだあるので余裕があったらまた書きます。

以下、ケータイ会議内覧会の当日に大集合していた、富士通製最新ケータイのリスト。タグラインはリンク先のサイトより抜粋です。

▼ドコモ
F-09C
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/prime/f09c/
http://www.fmworld.net/product/phone/f-09c/
撮る・見る・遊べるエンタメ系! 3Dハイスペック防水ヨコモーション

F-10C
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/style/f10c/
http://www.fmworld.net/product/phone/f-10c/
オトナ女子力UP! プリズムイルミ輝く ビューティ・スリム防水

F-11C
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/smart/f11c/
http://www.fmworld.net/product/phone/f-11c/
ワンプッシュでオープンできる メタルエッジ×艶(つや)・スリム防水

F-07C
http://www.nttdocomo.co.jp/product/concept_model/f07c/
http://www.fmworld.net/product/phone/f-07c/
パソコンが手のひらサイズに! Windows(R)7ケータイ

F-12C
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/smart_phone/f12c/
http://www.fmworld.net/product/phone/f-12c/
使いやすさにも機能にもこだわった防水コンパクトスマートフォン

▼au
T007
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/mobilephone/t007/
http://www.fmworld.net/product/phone/t007/
撮る、聴くにこだわった 防水スライドモデル

T008
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/mobilephone/t008/
http://www.fmworld.net/product/phone/t008/
スパークリングイルミ&防水対応モデル

IS11T
http://www.fmworld.net/product/phone/is11t/
質感までも表現する高画質 フルキーボード REGZA Phone


冒頭の画像は、前回の「ケータイ会議7」でレビューしてた「F-01C」で撮影した写真を加工しました。「F-09C」のカメラもぜひ使ってみたい!と、地味にアピール(誰に?)。

今日はそんなところで。


最新Fケータイ ブロガー徹底レビューまとめサイト
最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

by t0maki | 2011-06-13 23:50 | モニターレビュー>ケータイ会議 | Comments(0)

<< 青い鳥がひたすら欲望をつぶやく待受け     『空想幾何学小説』新作三編 >>
Back to Top