ブログトップ | ログイン
『Super 英単語 30000』がこんなに安くて良いわけがない
大学4年間と仕事で1年の合計5年間、僕はアメリカに住んでました。なので、英語は普通に会話するくらいなら困らない程度にはしゃべれる……と思ってたのですが、やっぱり言葉は使わないと忘れますね。EvernoteのイベントでCEOのフィルさんとお話したとき、びっくりするくらいに英語が出てこなくて焦りました。そんな記事を先日書いたりもしましたが、諸々あって最近特に英語力を取り戻そうと思ってじたばたしてるのですが、今回『Super 英単語 30000』というiOSアプリの発売記念ブロガーイベントがあるということで、参加してきましたよ。

前回はイベントのレビューを書きましたが、今回はアプリのレビュー!
ではさっそく。

▼起動画面はこんな感じ
c0060143_1232359.jpg


▼いろいろな用途の50冊の単語集に、2500単語と500フレーズが収録されてます
c0060143_12335977.jpg


▼まずは単語をざっと眺めて、気になる単語はタップで日本語訳確認
c0060143_12353326.jpg


▼発音や、用例などを確認
c0060143_12354457.jpg


▼最後に覚えたかどうかの確認。全部覚えるまで繰り返します
c0060143_12362530.jpg


と、全体の流れとしてはこんな感じ。
これで115円って、正直安すぎると思う。音声なしのフツーの単語集だって、本屋で買ったらそれなりの金額しますよね?

もう一つ「ワードチャレンジ」っていう面白い機能があって、英単語の虫食いクイズなのですが、これがスコア結果をTwitterやFacebookにシェアできたり、世界ランキングや日本ランキングなどもあるので、結構ハマリます。c0060143_1240427.jpg

タップミスで「むきーーー」とかなったり、たまに出題が「セ氏」って誰よとか思ったら実は「摂氏」のことだったみたいな微妙なのが出てきたりもしますが、こんな風に遊びながら英語に触れられるのは良いですね。こないだ、ほろ酔いの状態でやってみたらなぜか意外とスコアが伸びて、61問クリアで世界ランク59位、日本ランク11位に入りました。酔ったら英語が出来るようになるのか?自分。

ゲストスピーカーで登壇されたギズモードゲスト編集長のいちるさんもおっしゃられてましたけど、やっぱり英語を身につけるためには、なるべく英語に触れていることが大事。ちょっとずつでも、英語になじんでいくって言う意味でも、こういうアプリを使ってみるのは良いかなぁ、と思いました。

もちろん、単語を覚えただけでは英語がしゃべれるようにはならないですし、そもそも僕は英語学習で英単語を日本語訳で暗記していくことに懐疑的だったりもするのですが、そんなことはとりあえず置いといて、まずは英語学習のとっかかりとして、このような便利で楽しめるアプリってのは良いなぁ、と。開発元のpodotreeさんでも、この他にもいろいろなアプリを開発中とのことで、今後も楽しみです。

しみじみ思うけど、僕が英語学習を始めた20年前に、こんなツールがあったらなぁ、と。せっかくこんな便利な世の中なので、今後もこういう効果的なアプリやツールはどんどん使いつつ、英語力取り戻すために引き続きいろいろやってみます。


Fans:Fans

by t0maki | 2011-05-27 23:59 | ブロガーイベント | Comments(0)

<< 「Epson PX-5V」を使...     エヌトラ(N-TRANSFER... >>
Back to Top