ブログトップ | ログイン
ATOKがPhotoshopの操作を邪魔するときの解決方法
c0060143_1342421.jpg
Photoshopの挙動が突然遅くなったんですよ。ツールウィンドウを立ち上げて、色を選択したり、スライドバーのつまみをドラッグで調整したりする時、反応がものすごく悪い。ドラッグして調整つまみを動かしても、ついてくるのが2,3秒後なんて感じで、ものすごくストレス。
「もしかして」と思って、ATOKを切ったら、正常に動くように。

どうも、カラースライダーをドラッグしているときに、フォーカスが数値の入力ボックスに当たってるみたいで、なんか変だと思ったんですが、親切なATOK君がいらぬ入力支援のお世話をしてくれていたみたい。Photoshopの邪魔をするなんて言語道断、と、怒りに身をうちふるわせつつ、何か設定をどうにかすればなんとかなるのではないかと、販売元のお問い合わせサポートを利用しようとしたけど「2回しかダメよ」みたいなことが書かれていたので、まぁ、自力で何とかするか、と。

結論から言うと、何とかなりました。

Photoshpでツールウィンドウを使ったマウス操作がATOKのせいで致命的に遅くなってしまっている方、下記をお試し下さい。ちなみに、ATOK2011の例です。

1.ATOKの[プロパティ(環境設定)]>[入力・変換]シートの[入力支援]を選択。
2.[入力誤りの自動修復]の[確定内容に応じて修正する(ローマ字入力時)]のチェックをはずす。

……こ、これだけ?!

こんなことのために、危うくATOKをなかったことにするところでしたよ。
(っていうか、しばらくPhotoshop使うときはATOKをOFFにしてました)

これでようやく、ATOKの便利な入力機能を使いつつ、本命のPhotoshopの挙動も問題なくさくさく動く感じで、一件落着、と。

by t0maki | 2011-04-06 00:00 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< 今週の日曜アートその(3) 【封筒】     今週の日曜アートその(2) 【金魚】 >>
Back to Top