ブログトップ | ログイン
「シゴタノ!」大橋さん怒涛のパワポ143枚@ATOK2011体験会
c0060143_0401823.jpgライフハックについて検索してるとちょいちょい出てくる「シゴタノ!」というサイトは、実は前からちょっと気になってました。今回、ATOK2011体験会に「シゴタノ!」主宰の大橋悦夫さんが登壇するということで、気合を入れて聴講してきましたよ。

『文章をもっと速くラクに効率よく量産するための4つのポイント』というテーマで、なんとパワポ資料143枚という、怒涛のプレゼンでした。ざっくりと手元のメモをもとにアウトラインをまとめたので、箇条書きですがさっそく下記に。

 * * *

『文章をもっと速くラクに効率よく量産するための4つのポイント』

■なぜ速く書けない
・考えるのが遅い
 ┗書くものが決まってない
 ┗スムーズに出てこない
 →書き始めるのはまだ早い
・書くのが遅い
 ┗繰り返し入力
 ┗変換が
 ┗気の利いた表現が
・推敲が遅い
 ┗読者ターゲット→「誰に」
 ┗ポリシーが→「何を」

■書くための3つのツール
・速く考える
 ┗マインドマップ
  ┗MindManager利用→□Check
 ┗マンダラート
・速く書く
 ┗ATOK2011
・速く推敲する
 ┗チェックリスト

■実践4つ(すたぽん)
1.SPO(Stroke Per Output)
 ┗打鍵あたりの出力
 →予測変換、推測候補
 MRR→Miss-type Recovery Rate
 ミスタイプを訂正
2.TPO(Transformation Per Output)
 ┗変換回数あたりの出力数
 →モード切替「すきやねん」「まちごうとる」
3.PPO(Proper-Phrase Per Output)
 ┗気の利いた表現
  ┗連想変換
  ┗辞書検索
  →「支援」>「サポート」
  →角川類語辞典(大橋さん学生時代から愛用)
4.NPO(Non-Stroke Per Output)
 ┗打鍵せずに入力
 →「eClip」コピペ履歴ソフト→□Check
  
すたぽん」って覚えて帰ってね!

 * * *

と、まぁこんな感じ。ホントに怒涛のプレゼンだったのでメモを取るのがたいへんでしたけど、内容は理路整然としてすごく分かりやすいので、すんなり理解できました。さすが、まとめるのが上手だなぁ、と。
このプレゼンのアウトラインはマインドマップで作ったそうですよ。
もっと大橋さんの実体験とか、深い部分も知りたかったですが、今回は時間も短かったので残念。

で、さっそくプレゼン中に紹介されてたアプリを使ってみようと思ったのですが、「MindManager」は高くて買えず、「eClip」を入れようとしたらなぜかウイルスチェックに引っかかってダメでした。

うーん……。


Fans:Fans

by t0maki | 2011-02-05 00:45 | ブロガーイベント | Comments(0)

<< EPSON「PX-5V」の体験...     「うわ、またATOKが進化して... >>
Back to Top