ブログトップ | ログイン
iPhone/iPod用の無料写真アプリ『Instagram』のフィルター全公開
さて、そろそろiPodもいろいろ活用したいな、と、写真のアプリをいろいろ使い始めてみました。
中でも、Instagramが面白かったので、ちょいとレビューを。

改めて、面白いですね、コレ。簡単に写真を加工して、その場でTwitterやFacebook、Flickr、Posterous、TumblrなどのSNSに写真を共有することができ、さらに位置情報を付ければFoursquareとも連携可能ということで、「公開後6日間で10万人のユーザーを得た」っていうのも納得。
「Instagram」の名前の由来ですが、「インスタント」と「テレグラム」を掛け合わせた造語だそうですよ。スナップ写真を手軽にその場で送信できる、と。

フィルターもかなりセンスの良いものがたくさんあって、タップで簡単に写真が加工できるのが楽しいです。
というわけで、全14種類のフィルター(&加工前1点)を一挙ご紹介!
アプリを使う際の参考に。

では、さっそくどうぞ。

まずはアプリのキャプチャ画面で、Normal(加工前)の状態。
c0060143_2232665.jpg



▼X-Pro II
クロスプロセスの効果ですね。
c0060143_2222697.jpg


▼Lomo-fi
LOMO LC-Aで撮影したっぽく、周辺光量落ち(トンネル効果)とコントラスト強調など。
c0060143_2252184.jpg


▼Earlybird
アーリーバードは、早起きって意味。早朝のうすボンヤリしたやわらかな自然光みたいな仕上がり。
c0060143_2253137.jpg


▼Sutro
ストロってなんだろ?彩度が落ちて、軽くテクスチャーが付きます。
c0060143_2253929.jpg


▼Toaster
はい、トースター。トーストされた感じで、写真が焼かれます。
c0060143_2262471.jpg


▼Inkwell
インクつぼ。白黒ですね。
c0060143_2263333.jpg


▼Walden
ワルデンってなんだ?サチュレーションが下がって、ちょっと青みがかった感じ。
c0060143_2263964.jpg


▼Hefe
ヘフェ。ここら辺、単語の意味が良く分からんけど。赤みがかったコントラスト高めの効果で、薄くスクラッチが入るみたい。
c0060143_2264662.jpg


▼Apollo
アポロ。星空&天の川みたいなテクスチャー効果。
c0060143_227152.jpg


▼Poprocket
ポップロケット。ロケットが飛び出すような感じかな。
c0060143_2271098.jpg


▼Nashville
ナッシュビル。カントリーってこと?フレームがフィルム風の文字入り。
c0060143_2271513.jpg


▼Gotham
ゴッサムはもちろん、バットマンのゴッサムシティーからですね。
c0060143_2272273.jpg


▼1977
1977年のイメージ。傷とか染みとか、ちょっと古い写真風に加工されます。
c0060143_2273050.jpg


▼Lord Kelvin
ケルヴィン卿。写真黎明期のイメージだろうけど、フレームがポラロイド転写風にも見えます。
c0060143_228452.jpg



こんだけ使えて無料って、ホントすごいですね。
iPhoneの写真系のアプリは他にもいろいろあるようですので、いろいろ使い比べをして、勝手にレビューしていきたいと思います。

今日はそんな感じで。

by t0maki | 2011-01-28 22:12 | 乱文・雑文 | Comments(1)
Commented at 2011-01-31 23:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< Photoshopのレイヤーを...     「Gesso(ジェッソ)」につ... >>
Back to Top