ブログトップ | ログイン
記録メディアって……
c0060143_23395565.jpg
さて、今回は記録メディアについて。
前回、F-01CとF-03C付属のDVD-ROMに収録されている大量の辞書データをmicroSDにコピーしながらしみじみ思ったのですが、「最近の記録メディア、進化しすぎじゃね?」、と。

2GBとか16GBとか、フツーに小指の爪ほどのチップに収まってしまうのって、すごい時代だなぁ、と。
僕自身はギリギリ5インチディスクも使ったことがある世代です。
もっと言うと、僕が中学生くらいの時に始めて買ってもらったパソコンはナショナル製の「マイコン」と呼ばれているもので、なんとハードディスクがついておらず、データを保存するにはオプションの記憶ドライブを購入し、カセットテープに記録しなければならないというもの。僕は、このオプションのカセットテープドライブを持ってなかったので、「電源を切る=データが全部消滅」というすさまじいコンピュータでした。

で、時代は飛んで学生時代。僕はNECのPC-98とハードディスクが60MBしかないMacのデスクトップを使ってました。この頃、既に主流は1.4MBのフロッピーディスクだったのですが、大学の授業でたまたまラボのPCがかなり古いマックだったので、あのバカでかくてペラペラな5インチディスクも使う機会がありました。

その後、大学を卒業しロサンゼルスで写真の仕事を始めた頃に主に使っていたのが、Zipディスク(冒頭の写真参照)。当時としては比較的大容量の100MBが保存できたので、学生時代のデジタルアート作品や、仕事で撮影した写真などを保存するためによく使ってました。同じく、1GB保存できるJazというメディアもありましたが、こちらはディスクが高すぎて手が出なかった。

日本に帰国してみると、大容量で読み書きできるメディアとしては当時みんなMOを使ってましたね。
で、世の中どんどん進化して、保存可能な容量もメガからギガへ、と。HDDなんて、家庭用のテラバイトレベルのが普通に買える時代ですよ。今後、ペタ→エクサ→ゼタ……なんて、進化していくのかねぇ?

さて、ここで終わってしまうとFケータイのレビューでもなんでもなくなってしまうので、下記のキャンペーン情報をちょこっとご紹介。
現在富士通のサイトでは、F-01C、ならびにF-03Cの購入者に8GBのmicroSDHCカードをプレゼントするキャンペーンを実施しているようです。F-01Cは先着50,000名、F-03Cは先着10,000名とのことで、応募期間は2010年12月27日(月)PM5:00までとなってますが、先着なのでなくなり次第終了だそうですよ。

それにしても、8GBの記録メディアをポーンと購入者プレゼントしてしまう時代って、改めてしみじみすごいよなぁ。


F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

by t0maki | 2010-12-04 23:45 | Comments(0)

<< 「無限連写」をチラ見せ     怒りの電子辞書レビュー >>
Back to Top