ブログトップ | ログイン
PENTAX SP1000にまつわる隠れ秘話
image

 日曜日に撮影した白黒フィルムを洗面所で現像した。
 今日は、その写真をスキャナーで取り込み、軽くリタッチをして簡単な作品に仕上げた。
 
 さて、今日はこの写真を撮影するときに使用したカメラにまつわる「隠されたヒミツ」を紹介。……、ってそんな大げさなものじゃないけど。
 
 このPENTAX SP1000一眼レフカメラを見つけたのは、僕がアメリカに留学していた頃のこと。フリーマーケットで恰幅の良いオジサンが、ガラクタ的日用雑貨と一緒にこのカメラを売っていたのだ。
 どうも話を聞いてみると、そのオジサンは警察関係の人で、事件現場を写真撮影するのを仕事にしていたらしい。
 
 僕は目を輝かせて、「このカメラで、事件現場を撮影したことはあるんですか?」と聞くと、「さぁ、それはどうかな?」と意味ありげにニヤリと答え、フハフハフハと太鼓腹を揺すった。そこで僕もニヤリと笑い返し、「じゃ、コレいただくよ」とカメラを購入し、ウフウフウフと持ち帰ったのだ。
 
 もちろん、その時の会話は英語だったので、“Have you ever...um, taken the photo of the crime scene with this camera?” “What d'ya think?...ha, ha, ha.” “Well, then, I'll take it...ウフウフウフ...”みたいな感じかな。
 
 ま、とにかく。
 そのカメラを購入してしばらくしてから奇妙なことに気がついた。
 撮影した写真の全てに、ぼんやりとした「人影」が写りこんでいるのだ。
 じっとこっちを見つめて、何かを訴えようとしているかのような……。
 
 ……っていうのはウソです。
 
 確かに、そのフリマの主人が「鑑識で働いていた」って言ってたのはホントなんだけど、仕事でこんな初心者の写真学生が使うようなカメラは使わないよなぁ。それに、事件現場を撮影したかもしれないカメラだったら、客にわざわざその事を言うか?絶対、意図不明な「アメリカンジョーク」だったのだと思うけど……。
 
 ……でも、今から思い返すと……、あの太鼓腹のオッサン、ニヤリと笑った時の目は結構マジだったような……。
 
 あのー、上の写真、何か変なもの写ってませんか?

by t0maki | 2005-04-06 07:44 | アート>写真 | Comments(1)
Commented by ホラー!? at 2005-04-06 11:10 x
かなり気になる逸話ですね。。
そういえば私は霊が見えやすい体質なのですが。。。
櫻の木の下にはよく死体が埋まっているって話もあるくらいで、櫻の木といえば幽霊ってくらいなんですよね。
左上の影、、、気になります。。。(なーんちゃって、ウソですよーん)

<< 新入社員のための、「満員電車対処法」     待画サイト、どどんと4つ一気に... >>
Back to Top