ブログトップ | ログイン
パケ死とvaccineの相似性に関する考察
 パケ死とvaccineは似ている。
 音が似ているのもそうなのだが、ケータイ依存症がパケ死を恐れるように、病原性ウィルスもvaccineによる免疫がものを言う。一度、パケ死を経験すると、ケータイの使用を控えるようになるのも、ワクチンに似ている。しかし、喉元過ぎればって感じで、その免疫効果は永続しない場合もある……。
 
   ◇
 
 ハイハイ、僕、疲れています。不毛な仕事の連続で、かなりイラ立っております。わけの分からない妄想的想念に喚起された退廃的なイメージにとらわれつつ、とらえどころのない刹那的感情に振り回されるままにこのブログを書いております。……ハイハイ。
 
 で、ここで仕事の愚痴でも書こうとしたのだけど、やっぱり止めた。
 っていうか、書いたけど見苦しいので削除。
 
 なんとなくうざい出だしから、さて本題。今日の日曜アーティスト活動日誌です。

 「ラミネ」するために、QVGAサイズ(240x320ピクセル)の待受画像作品と、その公開しているサイトのURLやQRコード、アイコンなどを名刺サイズのデザインに配置して印刷した。A4サイズに10点出力したので、それを切り離し、試しに何点かラミネしてみた。
 結果は……なかなか良い感じ。熱くなったフィルムが冷めるときに少し曲がったりするので、本などを使って平らなところで重石して整形すること。QVGAの画質は、印刷するには少し粗さも目立つが、かえって待画作品であることが分かるので、悪くない。
 QVGAサイズの画像は山ほどあるので、しばらくは楽しめそうだ。
 
 陶芸作品の素焼きが上がったので、今週末あたり施釉して、本焼きをしようと思う。
 そろそろ、『小説現代』のショートショート・コンテスト応募作品を送らなければ。
 
 その前になによりも、早く風邪を治したい。

by t0maki | 2005-03-24 09:48 | Comments(0)

<< vaccineと爆死の相似学的洞察     夢から覚めたら、まだ悪夢? >>
Back to Top