ブログトップ | ログイン
RSS(アール・エス・エス)

 「RSS」とは、「Rich Site SummaryまたはRDF Site Summary」の略で、サイトの見出しや要約などのメタデータを構造化し、XMLという形式で記述するフォーマットである。

—これだけ読んでも、なんだかさっぱり分かんね。
 
 RSSリーダーを使うとサイトにアクセスすることなく更新情報やサマリーが閲覧できるので、ニュースサイトやブログでも更新情報をRSSで公開するところが増えています。
 
—ますます、よく分からん。

 現在、RSSの仕様は大きく「0.9-2.0系列」(Really Simple Syndication)と「1.0系列」(Rich Site Summary)の2系統に分かれていて、更新情報をまとめるためのアンテナソフトやティッカーソフトなどが開発されています。
 
—ウキー!なんのこっちゃ!
 
 と、サルに変身したところで、百聞は一見にしかず。実際に使ってみた。
 
 RSSリーダーは何種類か見つかったが、とりあえず「無料」という言葉に導かれるままに「glucose」に決定。glucoseのサイトからダウンロードしてインストール。
 で、「RSSを登録」しなければならないらしい。
 なんのこと?
 
 自分のブログに「XML」というリンクがあったので、とりあえずそのURLを設定してみた。
 http://tomaki.exblog.jp/index.xml
 
 おー。成功だ。
 チャンネルに自分のサイト情報が入ってる。カテゴリーごとに記事が分類されてるし。いいねぇ、これ。
 
 いや、なるほど、なるほど。
 いろんなサイトの要約を一覧で見られるわけか。
 まぎらわしいナビゲーションもなく、さすがに見やすい。
 ここにいろんなブログを登録すれば、わざわざサイトに行かなくてもここで記事のリストが確認でき、見たい記事にひとっ飛び。
 
 活用してみる価値は、ありそうです。

by t0maki | 2005-03-10 01:18 | Comments(0)

<< とりあえず、ブログランキング参加     超短編・ケータイ小説コンテスト情報 >>
Back to Top